2017年05月28日

時短ポークジャーキー

ちょっとした疑問が浮かんだ。仕込み1日でジャーキーが作れるか。できるかどうかはわからないが、とりあえずやってみよう!ということで、国産のスライス豚肉を買いに行った。焼酎ベースの醤油ソミュールで1日弱浸け込み、塩抜きはサッとやっただけで留めて乾燥。今回は事情があって2号が出せないので、段ボールを使って燻製。こんな感じでやった。
danboru.jpg

段ボールの三辺にのこぎりで切れ目を入れて、その切れ目に網を差し込んだ。その網の上にキッチンペーパーを敷いて、そこにスライス豚肉を適当に配置。スモークウッドと、熱した木炭を段ボールの中に置いて燻製開始。豚肉なのでしっかり火を通すために炭を入れたおかげで、中身はすっかり熱々。生ものが全く食べられないAgentにプレゼントする予定だったので、おそらく喜んでもらえるはず!
ウッドも燃え尽きたので、1個取り出してみた。うーむ、すっかりジャーキーっぽい!
jaki.jpg

試しに食べてみた。ちょっと塩辛いかな?10分程度塩抜きしたほうがよかったかもしれない。でも、そこさえ目をつぶればちゃんと食べられる。うむ、これは「成功」だ!実質1日で仕込めるレシピの出来上がり!
jakifurk.jpg

自分で食べる分を除いて、3人分ができあがった。えーっと、1月15日の大雪の日に大垣駅まで送ってくれたAgentにプレゼントするでしょ。そして、その申し出をしてくれたもう一人のAgentにプレゼントするでしょ。あと一人・・・。うーむ、密かにファンになってくれていた三重のカリスマAgentに渡そうかな?!とにかく、運のいいAgent、次の金曜日をお楽しみに?!
posted by Sujiniku-Daioh at 21:03| Comment(0) | 燻製 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月25日

C26セレナ車中泊仕様の装備を使った感想

前回の記事で車中泊を駆使して和歌山、三重と遊んで回った。その際使った車中泊のための装備の感想を書いていく。俺と同じC26型を所有している人や、ミニバンで旅をしようと企てている人の助力になれば幸いである。


今回のために買った、クルマに対して使う装備は以下の2つ。カーテンと、専用設計のシェード。







カーテン+シェードで目隠しをし、布団を敷いた状態の車内の写真は下の画像。自画自賛になるけど、ラグジュアリー(笑)スペースだぜ!
luxuryspace.jpg

自転車を積んでシングルベッドを広げているにもかかわらず、まだまだ横に荷物を置くことができるセレナの広さに感動!・・・と、今回はそういう話ではなく、このシェードとかを実際に使ってみた感想を書いていかねば。ということで、感想は・・・

非常に惜しい!

とにかく、惜しい。何が惜しいかというと・・・まずはカーテン。長さが足りない。上の写真ではきっちりと覆っているように見えるかも知れない。でも、微妙に隙間ができちゃうのよね。自転車のハンドル部分でめくれている部分のことではなく、端っこに。車内のルームライトを点けていると、外からでは「あ、中が光っているな」と、カーテンの隙間から漏れる光で丸わかり。とはいえ、この隙間で中の様子がうかがえるかというと、それはNO。見えない。のぞき込まれない限り、見えなかった。だが、光は入る。クルマのヘッドライトや、ちょうどいい場所に設置してある街灯とかの光が。このカーテンでセレナの車内を完全に覆うのは無理。コンパクトなら、いけるだろう。よって、「外側からの目隠しシールドとしては合格」という具合。
次はシェード。こっちも惜しい。前にシェードの紹介をした記事でも扱っていたけど、隙間。まずはこれ。そして、その次に致命的な欠陥がある。C26って、3列目の右側の窓って熱線が入っているんだけど、その熱線の位置が悪かった。シェードの吸盤部分が、熱線の真上に来てしまう。そのせいで、吸盤が取れてきてしまう。これはひどい。いや、もしかしたら低いグレード(20Sとか)には熱線が無いかもしれない。でもとりあえず、俺のライダーパフォーマンススペックには熱線がある。だから、はがれてきた。結局、両面テープで止めてた。吸盤の意味がねぇwwwwwwwwwwwwあ、リアはなぜか熱線を避けていたためきっちり吸盤で止められた。惜しい。ホントに。ということで、このシェードを実際に使って出した感想はこれ。「両面テープによるチューニングによりコスパに優れた素晴らしいシェードになる」。バッタモンっぽい感想だけど、マジでこれなのでしょうがないよねwwwww
ついでに、2列目と3列目のシートの段差を埋める座布団の事も言っておこうか。ドンキで買った40x40x3cmの座布団を平行に並べて寝た感想。寝てみてわかったが、3cmじゃ高さが足りなかった。もし同じ座布団を買うつもりの人がいるなら、同じものを4枚買って2枚重ねにしたものを2つ並べて寝たほうがフラットに近づくと思う。俺はたまたまテンピュールの腰まくらを持っていたので、腰にそれを当てることによって高さを稼いで寝ていた。でもほとんどの人がこんなものを持っていないだろうから、座布団で高さを稼いで寝たほうが、寝心地は良くなるはず。1枚500円の座布団と、1個8000円のテンピュール。どっちを選ぶかって言ったら、そりゃ安い方だよね?

(^^)(^^)(^^)(^^)(^^) (^^)(^^)(^^)(^^)(^^)

紆余曲折あったが、俺のC26車中泊仕様はこれで出来上がり。これからの季節は暑いから車中泊しないけど、秋ごろには出かけまくるぜ。いやほんと。
posted by Sujiniku-Daioh at 20:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月16日

和歌山&三重遠征の話 4日目編

ゴールデンウィークの話はこれで終わり。次からは普通の話をしていきます!!

4日目

寝れなかった。いや、ちゃんと寝たよ。寝たんだけど、すぐ目が覚めちゃった。なぜかというと、関宿の前の道は路面が悪いから。この写真で伝わるかな。これが道。アスファルトにひどい段差がある。
gap.jpg

この段差にクルマがそれなりの速度で通過すると、かなり大きな音がする。それが不快でしょうがない。乗用車ならギリギリ許容範囲のうるささだが、トラックだとダメ。ひどい爆音。おまけに俺のクルマまで揺れることまであった。なんとか朝を迎えたけど、頻繁に起こされたせいで寝た気にならなかった。まあ今日帰るつもりだからいいけど。
改めて、今回訪問した道の駅を紹介。これが、道の駅 関宿。古い日本の屋敷という雰囲気がいっぱい。
sekijuku.jpg

中に入ろうとしたが、まだ8時半なので道の駅は開いていない。なので周辺をぶらぶら。とりあえず、ちょうどP8になっている隣の関駅へ。
sekieki.jpg

こっちも趣のある建物。だが残念なことに、列車の運行間隔が1時間に1本というスケジュール。これはきつい。
まだ時間があるので今度は北へ。関の町並みを散策。
sekimachinami.jpg

なんか、うだつ上がる町並みみたい!うだつの上がる町並みは最後に行ったのはいつだったかな・・・2014年10月だったはず。Ingressを始めて間もない頃、Portal申請しながらロードバイクで北に向かったような記憶がある。あの頃はまじめにIngressをしていなかったから、申請は途中でやらなくなったけどwww
町で見つけたツバメの巣。
tubame.jpg

最近「ツバメが少なくなってきた」なんていう話を耳にするけど、そう思わない。ガンガン飛んでるじゃんね。そしてこいつも、この写真を撮って数秒ほどでヒナのエサを探しに飛び立っていった。健気だねぇ〜。
歩き回っていたら、この近辺にもSLが静態保存されているということが発覚したので見に行った。ちょっと山のほうだったが、気にせず向かった。そして発見!C50!!
c501.jpg

この写真を蒸気機関車ヲタに見せたら「シゴマルとは珍しいなぁ」と言っていた。うーむ、珍しさの度合いがよくわからん。もう一度梅小路に行くしかないかなぁこりゃ。
さてさて、他の部分を見てみよう。
c502.jpg

えーとなになに・・・?
展示蒸気機関車の概要
型式番号 C50 154号
製造所名 三菱造船(株)神戸造船所
製造年月日 昭和8年2月
使用開始年月日 昭和8年2月9日
実働時間 39年4ヶ月間
運転総走行粁 1,806,887km

主要数値
寸法
 長さ 16,680mm
 幅 2,700mm
 高さ 3,885mm
機関車重量
 積 52.8t
 空 48.5t
炭水車重量
 積 34.6t
 空 15.9t
炭水車容量
 水 13mm³
 石炭 6t
車輪直径
 先輪 860mm
 動輪 1,600mm

うむ、よくわからん!でもこれだけは言える。180万kmも走ったってのがすごい。そして、見た目もきれい。きっと、きれいに整備してくれている人がいるからだろうね。色塗りだけでも大変なのに、パーツ泥棒から守ったりとかもあるんでしょ。ホントありがとう。こういう鉄道遺産をこんな状態で見られるのはうれしいです。
C50とはここでお別れ。そろそろ道の駅が開いているだろうから戻る。そして・・・近くのAgentと会話しながらご当地ラーメンの「亀山ラーメン」をいただく。
michinoekikameyamaramen.jpg

これが食べたかったわけよ。昨日の安いコンビニラーメンなんかよりはるかにうまい。くどくない味噌味に、しめじ・マイタケ・エリンギかな?のトリプルキノコがほどよく主張してかなりマイルドに食べ進むことができた。半熟卵は・・・良くも悪くも普通。味玉ならよかったのに。
「油っこい部分をできるだけ減らした燻製」レシピのマスターという宿題をもらい、近所のAgentとお別れ。そして俺も関宿から出発。クルマでの移動中に「オイリーじゃないやつ・・・牛モモ肉を使ったビーフジャーキーか?」なんて考えながら適当に進む。ちょうどMagnus builderがやっていることもあり、ちょっとResoをばらまいていこう!ということで急遽四日市駅前で暴れることに決定。自転車をセットアップして駅前へ。なお、駐車してからいいほど経ってから車内にType-Cケーブルを忘れてきたことに気づいた。そのため、四日市駅周辺で遊べる時間=Xperia XZのスタミナということになった。今思うと、この時Type-Cケーブルを持ち出していたら日没まで暴れていただろうに。ちょっと残念。下手にバッテリーを使えないので、カメラも控えた。なので写真もないよ!ごめんね!!!!!!!!!!!11
バッテリーが尽きるギリギリまで活動し、クルマへ。あとは帰るのみ。帰りに温泉にでも・・・って思ったけど、この時はいい場所を見つけることができなかった。なので、ストレートに帰る。ルートは、いつもの道。いなべから上石津、そして関ヶ原へと抜ける365号、これだ。今日でここを北上するのは3回目。なので、普通にとおるのではなく脇道のPortalも訪問しながら帰った。この日、この後に行われると小耳に挟んでいた「ちょっとした作戦」の関係で俺のResoは残っていない。けども、UPVはいただいた。場所によってはUPCもである。うまうま。
関ヶ原に入ってからは、もうあとは余裕。よく知った道を走り、お家へと帰った。荷物を下ろし、軽くご飯と酒をお腹に入れたら・・・寝た。ひたすらに寝た。静かでふかふかの慣れたベッドで死んだように寝た。次の日はゴールデンウィーク最後の休日。この日はリカバリーの日と割り当てていたのでとにかくひたすら寝てやった。いやー、楽しかったわー!!
楽しい思い出ができた。そして今は、時々舞い込んでくる和歌山や三重からのAttack Alertに一喜一憂しながら普通の日常を過ごしている。さあ、今回の旅でDeployしたResoは何日生き残るかな?今のところ、こないだのニスモフェスティバルの時にキャプチャしたPortal1箇所&Reso数基が生き残っている155日(継続中)が第1位。2位はInitio遠征の三穂田郵便局で152日。今回の和歌山&三重で、これに匹敵する生存日数をたたき出すResoは現れるのか?!期待大だぜ!!!
posted by Sujiniku-Daioh at 21:47| Comment(0) | Ingress遠征 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする