2017年04月27日

東北Initio遠征の話 ついにPortalがLiveしたので自慢

Initio Tohoku MissionのPortal申請をしに東北へ行ってもうすぐ1年。ついにInitio遠征で申請したPortalがLiveした。場所は須賀川駅の北にある住宅街。浮彫阿弥陀三尊来迎石仏というPortal。
sukagawaliveportal.jpg

大きい写真はこれ。
浮彫阿弥陀三尊来迎石仏.jpg

えーっと・・・この石仏がどういうものなのかを知らないし、看板の文字もつぶれてて読めないから「阿弥陀三尊来迎板碑」でググってみたけど、それでもいまいちよくわからない・・・。ごめん、俺には難しすぎる世界だ。とりあえず、今後ここからXMが噴出することになったのはいいことだと思う。無知でごめんね!!


さて、ただいまの申請の結果を見てみよう。

  • Portal申請数:91

    • 承認された数:1 (+1)
    • 却下された数:0
    • 返事待ちの数:90


約1年待って・・・返事が1つだけかぁ。おそらく今回新しくPortalが増えたのも、Reconのパーミッションが大幅に緩んだからだろうね。もしReconが前のように狭〜い範囲の人しか使えないような状況が今も続いていたら、まず間違いなくここもLiveしてなかっただろう。生えたことはうれしいが、「1年待ったのに結局生えねえじゃねえかwwwwwww」とかいう感じでネタにしようかと考えて始めていたから、生えてうれしいが考えていた話が使えなくなり、うれしいような悲しいような・・・。そういや、Initio遠征で申請したやつの返事はいいけど、Persepolis遠征の時に申請したやつはまだですかね?


よし、今度のゴールデンウィークは海を走るぞ!!
posted by Sujiniku-Daioh at 22:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月23日

フルフラット&座布団の寝心地はいかに?実際に布団を敷いて寝てみた感想

C26セレナ車中泊仕様作りの最終関門である「寝心地」を調べてみた。
2列目・3列目をフルフラットにした上で3列目の座面に座布団を敷き詰める。そこにこないだドンキで買った座布団を並べて布団(シングル)を敷いてみると・・・こんな感じに。
futon1.jpg

画像の手前側に頭が来るようにすれば、頭〜腰まではほぼ平らになった!寝心地も悪くない。なにせ3列目に並べた座布団が仕事をしている。
futon2.jpg

たったこれだけの差だが、座布団が無いだけで腰への不快感が大幅に抑制された。これだけではわかりにくいと思うので、できるだけ水平に撮った写真がこれ。2列目の背もたれと3列目の座布団がだいたい平行になっている。
futon3.jpg

また、座布団が低反発で程よいクッション性。これがかなりGood!なお、2列目の背もたれはマックス倒しではなく、わずかに上げるのが平行に保つコツ。最大に背もたれを倒してしまうと、段差ができちゃうから。
futon4.jpg

このように、下げると(座布団に対して)段差ができる。いや、3列目の座面との兼ね合いとかいろいろあるんだけど、とりあえず俺が言いたいのは、3列目の座面を座布団で上げたなら、2列目の背もたれを少し上げれば良いということ。2列目の座面が下がっていることは無視するとして、これでいったん車中泊仕様の完成。パフォーマンススペックのキビキビとした走りに加え、夜は布団を広げて快適車中泊。昼も夜も楽しいクルマがついに完成だ!よし、次の連休はどこに行こう?!
posted by Sujiniku-Daioh at 11:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月18日

洗車!

こないだの休日にクルマを洗った。ついでなので自転車も洗おうということで、Link B7を物置から出してきた。車体もいろんな部分がギトギトで、チェーンもかなりひどい。
DSC_0030.jpg

けっこう黒い。これをきれいにすることにした。ちょうどこないだ、ロードバイクをきれいにするための掃除道具を買ったのでそれを流用することにした。WAKO'Sのパーツディグリーザーと、ブラシ。
DSC_0031.jpg

紙コップに入っている青い液体がパーツディグリーザー。パーツクリーナーよりもチェーンのギトギト汚れを落とす能力が高く、液体そのものが汚れても洗浄能力が落ちづらいのがいい。その上、この液体は土に流しても自然に帰る(らしい)ので、環境面への配慮もなされているのが素晴らしい。そんなクールな洗浄液を使ってチェーンを掃除した。リアタイヤを浮かせた状態でディグリーザーを染みこませたブラシをチェーンに挟み込み、ペダルをぐるぐる〜・・・何周か回したらディグリーザーが入った紙コップにブラシの先端をつけてシャバシャバする。これだけで簡単にチェーンがきれいになる。その代わり、ディグリーザーのきれいな青が一瞬にして汚い色になっちゃうけど、汚れが落ちているという証拠なのでよしとする。チェーンをきれいにしたら、スプロケットも同様にブラッシング。ついでにディレイラーもできる範囲でゴシゴシ。この後は水で流す。
DSC_0032.jpg

この「水で流しておしまい」ってところが簡単でいいよね!土にダイレクトに流してもダメージが少ないってのが本当にクール。その辺の雑草が生い茂った空き地とか、庭の端っことかで作業すればいいわけだし。さすがに完全に無害じゃないだろうから野菜を作ってるところでやるべきじゃないだろうけどね。俺みたいなにわかチャリダーにとってパーツディグリーザーは自転車ケアの必須アイテムだと感じられた。もうWAKO'S大好き。
この後は車体の汚れを落とし、チェーンにオイルを注しておしまいとした。まだ試走はしてないからわからないけど、きっと変速等はスムーズになっただろう。今度のゴールデンウィークはきれいになったLink B7を積んでどこに行こうかな〜?



最後に、「いつものリンク」をつけておきます。よかったら有効活用してください!!!!!!11
 

posted by Sujiniku-Daioh at 21:33| Comment(0) | Tern Link B7(2016) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする