2019年07月21日

日帰り大阪遠征&オフ&買い物(ただの日記)

3つの事情が重なり、大阪へ行くことになった。一つはIngress。もう一つはSplatoon final Fes略してFS。そして最後の目的は日本橋のイオシスで買い物をすること。すべての事象を満たすために、早く現地入りすることが必須。出発日前日である19日金曜日は仕事をさっさと終わらせ・・・られずに残業になってしまったが、ほどほどで切り上げて帰宅。そしてすぐ英気を養うために寝た。
次の日。まずは米原駅まで行く。米原から大阪へ向かう列車の始発は0458に出る。そして米原駅までクルマで1時間。切符を買う時間等を考慮して4時半過ぎに到着したいところだが、起きたのが3時40分。始発は無理wwwwwということでのんびり準備。そしてのんびり移動。朝だから道もすいている。だが街道レーサーにはならずに安全運転。余裕をもって切符を買い、列車に乗った。あとは大阪に着くまでうたた寝したり、ぼーっと外を眺めたりしていた。そして到着大阪駅。ここから難波まで歩く。ストレートに行けば4km、だいたい1時間歩き続ければ到着する。だが、歩き回っていたせいで10時過ぎに目的地に着い・・・お、ホーザンだ。
hozan.jpg

ロードバイクのメンテ用に使っている六角を作っているところがここだったので、なんとなく写真を一枚。遠くまで来たな〜と実感した。
もう少しだけ歩いて今度こそ目的地に到着。そこでSplatoonオフ開始。Switchをセットアップし・・・ほどほどに遊んだ後は中抜けしてお買い物。日本橋のイオシスでこれを買ってきた。ChromeCast!
chromecast.jpg

「ひっそりと発表され、ひっそりと売り出された」と噂の第3世代ChromeCast。俺はこれが欲しかった。俺ね、お家ね。テレビは全然見ないけどhuluはバリバリ見てるのよ。だから大きいテレビでhuluの映画やアニメが見ることができたらいいなーって思ってた。いや、実は古いパソコンをHDMIでテレビに出力させて見ることはできる。でも、そのパソコンが『強烈に立ち上がるのが遅い』という弱点がある。だからスッとみられるChromeCastが欲しかったというわけ。このChromeCastのレビューはまた後日行うとして・・・次行ってみよー。
さんざんスプラして、あっという間に貸会議室から退出する時間になってしまった。その後は残ったメンバーで飲み会。2時間くらい熱いIngressトーク。飲んだ場所は千日前だったけど、俺はそこから大阪駅まで・・・もちろん歩き!朝とは違う雰囲気になった大阪の街をスマホ片手にぶらぶらと歩く。
h4sdcx.jpg

朝はかなり蒸し暑かったが、今は朝よりマイルドになっている。歩きやすい。だがやっぱり暑い。服はすっかり汗だく。一応メッシュのベースレイヤーを着ているから服が体にまとわりつくっていう状態ではないが、さすがにきつかったので替えのTシャツに着替えた。そして歩き続け、到着。大阪駅。
josm.jpg

この写真を撮ったのが21時過ぎ。この時俺は何を思ったのか「まだ時間に余裕がある」ということで駅に向かわず東進。そして・・・ダンゴムシゲットオオオオオオオオオォォォォ!!
dangomushi.jpg

ダンゴムシさ、俺の家のまわりにいーっぱい居るのよ。俺はダンゴムシのことを嫌いとは思わない、むしろかわいいと思っているくらいだから全然アリ。なのでこの景品もアリ。だがムカデはノーサンキューだ。ダンゴムシは家の庭に入ってくることを許可するが、ムカデは来んな。
すったもんだ(?)あって列車に飛び乗り、米原駅に到着したのが0005。日付を超えちゃった。ここから家まで約1時間、クルマに乗って帰宅だ。大阪で飲んでいたが、そこから6時間経っているから酔いはまったくない。眠気は・・・ないわけではないが、列車でうたた寝をしていたのでかなり回復している。問題ない!というわけで、〆のラーメン(最近噂のジェネリック二郎)をセブンイレブンで食べて帰った。ジェネリック二郎のオイリーっぷりにちょっと気持ち悪くなってしまい、帰宅後は風呂に入って寝るつもりだったが風呂は取りやめ。最低限の荷物整理だけして寝た。寝始めた時間は午前2時。なかなかハードな20時間だった。
最後の最後でジェネリック二郎においしいところを持ってかれてしまったが、楽しい1日だった。この記事を書いている日は休息の日としたので、明日の仕事はきっとがんばれる。貸会議室に設置してあった大型テレビの画質に感動してテレビを買い替えたいという欲求が出てきたので、いっぱい仕事を頑張ってテレビを買おう。そうしよう・・・!
posted by Sujiniku-Daioh at 22:35| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月08日

今年も文旦が育ってきた!という話

家には文旦の木がある。前のシーズンでは生りまくった実をホワイトリカーにつけてお酒を作っていたあの文旦。あれが今年もすくすくと成長した。
buntannoki1.JPG

ちょっとわかりづらいので寄った写真。
buntannoki2.jpg

葉っぱと同じグリーン。まだまだ成長途中。これを温か〜く見守っていこう。しかし、すごいよね。手入れらしい手入れなんてほとんどしていない。やってることといったら、木の周りの草むしりと、落ちた実を根本周辺に転がして肥やしにすることくらいだもん。あ、ちなみに落ちた実ってのはこういうやつ。
buntannoki3.jpg

競争に負けたやつが1日で10個程度出てくる。間引きとかすりゃいいんだろうけど、知識がないからね。本人に任せる。今年も期待だぜ。前シーズンはとてもひとりじゃ食べきれないくらい収穫したから、もし同じ位取れたらもっと近所に配ろうっと。
文旦もそうだし、ゴーヤも育っている。そして最近ペットボトル水耕栽培も始めた。管理は大変だけど、収穫の喜びを味わいたい。がんばろう。

posted by Sujiniku-Daioh at 20:58| 果実酒作り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月21日

Googleで「ブレッチリーパーク」を検索すると遊び心が含まれていることに気づいた

その昔、エニグマ暗号機というものが存在した。その暗号機は第二次大戦でナチスドイツが使っていたもので、ざっくり言えば「誰でも扱えるのに解読が超絶難しい暗号生成マシーン」。ドイツはその極悪暗号マシーンを使って通信を行っていたが、その通信の解読を試みたのがイギリスにあるブレッチリーパークという場所。そんなブレッチリーパークをGoogle検索すると・・・謎の文字列が!!

bletchley.jpg


この文字列が目まぐるしく変化していき、最終的にブレッチリーパークと表示される。きっとこれは、ブレッチリーパークがイギリス軍の暗号解読任務の総本山だったから・・・だと思う。いやぁ、憎い。憎いぞこの演出!!俺はチューリングのような天才ではないし、パズルなんてテトリスくらいしかできない暗号解読Noobだけど、一度ブレッチリーパークには訪問したいなぁ・・・。金銭的な問題があって無理だろうけど。




★「エニグマ?わからん」という人は、イミテーション・ゲームという映画を見ればなんとなくわかると思うよ!!
posted by Sujiniku-Daioh at 22:53| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする