2021年02月20日

御千代保稲荷神社近辺で売っているキムチ漬けレビュー 〜しおのくら編〜

俺はキムチが好き。おいしいキムチを求めているうちに、そこらへんのスーパーで売っているキムチでは満足できない体になってしまった。そんなにわかキムチファンの俺が、よく行く漬物屋のキムチをレビューしていく。なお、レビューするのはタイトルにもある通り、御千代保稲荷(おちょぼいなり)神社の近くでお店を構える漬物屋のキムチに限定する。

今回は、しおのくらのキムチをレビューする。このお店のキムチだ。
sionokurae.jpg

こっちの建物でキムチを買った。一番の売れ筋であるキムチを買って帰った。500円ワンコイン。
お家に帰って、丼に開ける。こんな感じ。
sionokurakimuti.jpg

このキムチを5つの項目で5段階評価をすると、こういう感じになる。

辛さ:★★☆☆☆
うまみ:★★★☆☆
にんにく臭:★★★☆☆
食べやすさ:★★★★★
コスパ:★★★★☆


辛さは・・・控えめ。★二つ!
キムチなので辛さはある。だが、汗が流れるほど辛いわけではないし、水なしでも大丈夫なほどにマイルド。燃え上がるような熱さを求めている人には向かない。普段の食事のときにちょっと食べるような感じが良いだろう。

うまみ。★三つ!
そのへんのスーパーで売ってるやつとは段違い。シャキシャキの白菜にしっかり味が染みている。おいしい。だが、時間が経つとうまみが酸っぱさに変っていってしまう。俺が今回買った個体は、封を切った日から2日経った時点で酸っぱさがかなり前面に出てきてしまった。酸っぱさが出てくるのはキムチの宿命なのだが、それにしても早すぎる。なので、★三つ。

にんにく臭は、スタンダードな部類に入るから★三つ!
確かスライスにんにくが入っていたはず。だからにんにく臭は必ずする。が、身構えるほど臭いわけじゃなかった。

食べやすさは抜群なので★MAX!!!
鍋とかだと、白菜の軸の部分(白いところ)は結構火を通さないと食べにくいけど、こっちは漬物だから簡単に噛める。すでにカットされているし、1つ1つは小さめ。箸で大量にガバッとつまんで口に放り込みたくなる。おいしいからね。

コスパ。この値段なら★四つ!!
500円でこの量ならちょうどいいだろう。でもなんだろう。他のお店は(量こそ違えど)もう少し安く売ってるところもあるから、ちょっと高いと感じてしまう。だから四つだな。いや、間違いなく安くておいしいんだよ。でも俺、おちょぼで20年近くキムチを買っているからついついそう感じてしまうんだよね。悪い癖なのはわかってるんだけど・・・。


という感じで、今回はしおのくらキムチのレビューでした。ちなみに、しおのくらは上に出した写真の建物の反対側にも店を構えている。
sionokuraw.jpg

こっちの建物は昔からあるほうで、キムチが売っているほうは比較的最近できたお店。といっても、外観はどっちもきれいだし、昔からあるほうのしおのくらは、発泡スチロールをタダでくれたり無料のティーサーバーつき休憩所まである。売っているものは、どっちも同じというわけではなく差別化が図られている。そして、昔からあるほうにはキムチにんにくが売っている。無臭にんにくではない、いたって普通のにんにくがキムチに浸かっている。最高だぜ!さすがに大量に食べるとお腹がえらいことになり吐く息が毒を帯びて周囲に危害を加えてしまうけど、1日2粒程度でちびちび食べれば精力もつくしおいしいし、いいことだらけだぜ!


次はどの店のキムチを買おうかしら?まだ数件あるから、いろんなキムチを食べたいぜ・・・!
posted by Sujiniku-Daioh at 16:11| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月18日

ここ最近庭で燻製をしているとネコが寄ってくる

野良猫や、お出かけ中の家猫が家の庭に乱入してくるんだよ。とにかく最近。

燻製をする際、食材の水分を飛ばすために何時間か外に干しておく工程がある。その工程は、味付けがバリバリされた食材を外に出すんだから、当然いい匂いがする。その匂いに誘われて・・・近所の野良猫たちがよく訪問する。多くの場合は、肉を干しながらすぐ近くで俺が見張っているから猫はアタックしに来ないんだけど、ここ2回ほど猛アタックする猫ばかり訪問した。

まず1つ目。さび猫。
sabi1.jpg

多くの猫は俺と目が合ったら逃げる。だが、このさび猫は根性があった。この位置でかなり長い時間にらめっこ。数分間の膠着状態の末・・・動いた!
sabi2.jpg

狙うは、俺の後ろにぶら下がっている網の中に干してある肉なのは明らか。さすがにこの肉は野良猫にプレゼントしてはいけない。なので、脅かして退散していただいた。餌付けはね、ダメなんだよね。
そして2つ目。こっちはとんでもない猫だった。おそらく家猫だろう。
ieneko1.jpg

この猫・・・超人懐っこい。脅かしても逃げない。逃げるどころか、駆け寄ってきた!
ieneko2.jpg

うむ、かわいい!めっちゃ触らせてくれる。ネコタッチできるなんて幸せ・・・なんて思っていたら、急に庭でニャルガクルガし始めた。
ieneko3.jpg

ダッシュからのストップ、そして予備動作の無い猛突進・・・これは討伐難易度が高いやつだぜ・・・!
元気いっぱいな猫ちゃんを見ながら、俺は燻製の作業に移る。
sagyou.jpg

そういえばさっきまで庭を走り回っていた猫はどこに行ったのだろうか・・・?と思い、探し始めたら、3秒で見つけた。
ieneko4.jpg

寝てらっしゃる。俺の家の庭で、俺の飼い猫じゃない猫が全力で寝てるんですよ!かわいいに決まってるやん!!
ieneko5.jpg

丸まりおってからに。かわいいぜしかし。
猫ばかり気にしていたら燻製が失敗する。なのでちょっとの間は火加減とかに気をつける。しかし気になって10分くらいしてから見に行ったら・・・場所を変えて寝てたwwwww
ieneko6.jpg

ああ、持って帰りたい・・・だが、ここまで人懐っこい事及びさくら猫ではない事から、この猫はどこかのお家で飼われている猫が遊びに来ただけだろうという判断に至った。なぜかこの猫は日が落ちても俺の家のテラスにあるすのこの上でぐっすり寝ていたが、いつの間にか住処に帰っていったようだ。そして、この日以来遊びに来ていない。この猫ならまた来てほしいなぁ〜。


とまあ、田舎あるある(?)でした。やっぱり猫はかわいいよね。でも世界で一番かわいいのはうちのイッヌだけどね!!!!!!!!!!!!!!!!11111111
posted by Sujiniku-Daioh at 20:23| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月02日

リビングのライトを交換した

俺の家のリビングの明かりは、前のオーナーの時代から変わっていない。俺が買った後も、リビングの明かりは何一つ触っていないので、なんとなく暗く感じていた。生活に支障はなかったけど、いずれは新しくしたい・・・じゃあ今替えちゃおうか?よし、そうしよう!ということで、年末のエクストリーム忙しい時期にファイナルディスタンスを徹底しつつ関市のカインズホームへ行ってきた。お値段と性能を比較して最も妥当だと思われるものを買って帰ってきた。さあ、設置だ!

まずは比較のために、シーリングライトを替える前のリビングの写真を撮っておいた。
akari1.jpg

住んでいる俺にしかわからないけど、かなり暗い。そして、ライトそのものは・・・こんな感じ。
akari2.jpg

目視でも暗くなりすぎてて、ライトを直視できてしまっていた。そりゃ部屋も暗くなる。実際この後カバーを外したら、中に入っていた蛍光灯の根本がかなり黒ずんでいた。おそらく半年程度で蛍光灯に寿命が来ていただろう。それに、見たことのない変わった形の蛍光灯だった。1つの根本にダブルでリングがついているやつ。それの大サイズと小サイズがあった。ちょうど今この文章を書いている最中にこの蛍光灯のことを調べてみたんだけど、この2つの蛍光灯の新品を買うお金でLEDシーリングライトの新品が買えた・・・というか、もう1ランク上のLEDシーリングライトが買えた。値段的にも明るさ的にも、買い替えて正解だったようだ。
無駄に高い天井に四苦八苦しながら交換作業をし終え、ライトを点けると・・・明る〜〜〜〜〜い!!
akari3.jpg

スマホのカメラが明るさを調整してくれるから写真では伝わらないけど、これ単体だけで十分すぎる効果だ。そして、部屋全体は・・・うん、明るい!すごい!!
akari4.jpg

めちゃくちゃではないものの、確実に明るくなった。そして、今回買ったシーリングライトは色味も調整できるやつ。俺の家のキッチンはリビングと続きになっていて、パーティション的な位置づけの折れ戸がある。冬場は区切っているけど、それ以外の季節ではオープン状態なので、キッチンとリビングの両方のライトを点けることになる・・・が、キッチンのライトは電球色固定。だから、夕飯の時などはリビングのライトを電球色にして統一性を出すことができるようになった。これは俺にとってうれしいアップデートだ。


家のアップデートがじわじわ進んでいる。財布との相談をして、住みやすい良い家を作っていかねば!
posted by Sujiniku-Daioh at 14:40| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする