2016年04月18日

豚ロース肉をibusidianする

久々に豚肉をスモークした。
前回やったのはいつだろう・・・?遠い記憶を掘り起こしてみたが、どう考えても5年は前だと思う。久しくやっていない。いや、いいんだ前回がどういう結果だったなんて。どうせ手探りで作業してるんだ。前回のがおいしかったか/まずかったかなんて覚えてないから正直どうでもいい。今回で決めればいいんだ。なんとわかりやすい!さすが俺!!!!!!!!!!!!!!!!1111121122

(^^)(^^) (^^)(^^) (^^)(^^)

さて、前回のチーズ燻製で「2号は温度がそれほど上がらない」ということを学んだので、それを考慮して豚ロース肉の燻製に挑んだ。味付けは、いつも通り醤油1:1赤ワインをベースに前回のハーブチーズ作成の時に買って余ったバジルや、ローレル等を突っ込んだ。そう。ついに俺もローレルを使う時代が来た。ローレルはローレルでも、斜めに走るほうのローレルではない。
c35.jpg

撮影:俺 / 車両:友人
俺さ、この写真を撮影した日にこのローレルに乗せてもらったのよ。助手席に。ドリフトっていう遊びを外から見たことは何度もあるけど実際にそれをしている車両に居合わしたのはこのときが初めてだったから貴重な体験だった。でも、「怖いからもういいやwwwwwwwww」っていう感想しか生まれなかったwwwwwwだって、ドリフト状態ってタイヤがグリップがなくなってるけどかろうじて姿勢を制御できる状態を保ってるってことじゃん?一歩間違ったらどっか飛んでいきそうだし、振り替えしの制御のシビアさったらもうね。あと滑り始めるときもまあすごいのなんの。そして滑ってる最中の速度メーターの針の忙しさっていったらwwwwwwwww
c351.jpg

いやードリフトって見てる分には楽しいけど、当事者としては怖い遊びだったねー。その時はまだセレナではなく12SRを所有していたんだけど、このときを境に「車を速く走らせることは俺にはできないんだな」って感じてMTスポーツカーである12SRをエコカーとして走らせるようになっていった・・・と思う。シルビアとR33っぽさが入ったローレル(写真の車両)と12SRは根本が違うってのは知ってるんだけど・・・。
あれ?俺燻製の話してたんだよな?なんでドリフトの話してんだ?まあいいや、このブログは100%俺の自己満足で構成されてるんだし脱線し放題だよな。いやでもある程度まともなことを書かないと「聞いてもらいたい」話じゃなくて「聞いてもらいたいけども意味不明すぎて誰もが途中で投げ出す」話になっちゃうよね。さ、戻そう。
DSC_0236.jpg

豚肉といっしょにチキンジャーキーをも仕込んだので、そっちも同時に燻製する。では、火を入れて・・・スタート!
DSC_0235.jpg

モクモクと煙が出てきたところで蓋をして放置。ちなみに・・・今この文章を打ってるときに思い出したけど、今回はピートを使っていなかった。できたてのつまみ食いをしたときに感じるスモーキーフレーバーが、若干だけど・・・ナラの木のエグさが前に出てきたからピートの偉大さを今回知ったね。
2時間ほど燻して終了。途中面白半分で冷凍枝豆を2号に入れてスモーク枝豆なるものを作ってみたけど・・・なんっていうか、別にすごく面白いもの・・・という感じもしないっていうか、よくある変わった枝豆という感じだった。スモーク枝豆はもっと研究が必要のようだ。
さてさて、ロース肉のほうは・・・?!
DSC_0241.jpg

ちょっと火を入れすぎたかな、表面はちょっと硬い。でも包丁はすんなり入るし、食べたときの違和感はなし。できたてのつまみ食いの際は端っこばかりをつまんだせいで「これは失敗したwwwwwwwwww」って思ったけど、スライスしたものを焼いてそれにレモン汁を垂らしたら・・・・まあおいしいのなんの!
DSC_0243.jpg

ピートの香りが少ないけど、十分バーベキューで主役を担うことができるくらいの味!だがしかし、ここで満足してはいけない。「やるからには極める」というのは格ゲーのお約束である。そのお約束を俺は無理矢理燻製に当てはめている。なので、今回ハーブを使ってVer 2.0へと進化したfoon12SR氏のスモーク肉専用ソミュールを含めさらなるアレンジを加えてもっとおいしい肉を作ってみせるぜ。とはいえ、披露する友人が少ないのが難点だけどなwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww



#IBUSIDIAN
posted by Sujiniku-Daioh at 22:31| Comment(3) | 燻製 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月06日

2号でまともなスモークチーズが作れるかどうか検証

こないだチキンジャーキーを作ったときに、既製品のスモーカーと比較すると2号は中の温度がそれほど上がらないという特徴があることを知った。俺の経験上チーズはある程度温度を上げないと俺好みの色にならないので、中の温度が上がらない2号でチーズを作ったらきっと失敗するだろうと思っていた。でも、そういうのって実際にやってみないとわからない。なので、やってみた。2号でチーズ。
DSC_0192.jpg

普通のチーズは飽きたので、今回は表面に黒コショウとハーブをまぶしてみた。あとついでにゆで卵。できたものは、以下の写真。なお、卵は写真を撮る前に食べちゃったwww
DSC_0193.jpg

写真奥が「バジルペッパー風味」。奥のチーズで最早煙のかかりっぷりにムラがあるのがわかる。そして、手前のやつが「俺牙野&柄夢真皿&ペッパー風味」。ヤンキー的表現になっちゃうくらい、手前のやつはスモークチーズとしては残念な出来栄えだった。まずひとつ。煙がぜんぜんかかっていない!ちょうど、写真奥のチーズの端のほうの茶色が全体的についていたら俺は出来上がりと判定するんだけど、明らかに色がついていない。使ったチップの量は変わらないのに。もう、これは完全に容器か熱源(もしくは両方)が悪いって判断していいと思う。ってことで結論、2号じゃチーズは作れない!ま、こんな時のために2号よりはるかに小さい「3号」を製作中なんだけどね〜。3号の完成は・・・まだ先かな?でも早く3号を完成させて、チーズ量産体制を築きたいぜ。

あ、味のほうの感想言わないとね!バジルペッパー風味は・・・ちょっとバジルの葉っぱ感が食べたときに気になるけど、スモーキーフレーバーとは違う香ばしさがあってGood。だが、黒コショウが少なかったのか何なのか、バジル味が強すぎた。もっと黒コショウを増やさないと。というか、スモークチーズとしては失敗だから「スモークチーズバジルペッパー風味」は再製作決定。もう一方は・・・ガラムマサラが主張しすぎた(多く振りすぎた)ことと、前のバジルペッパー風味よりもさらにスモーキーフレーバーが無いからただのカレーチーズ味wwwwwwwwwwwwwwwwwwキャンプとかでスモークチーズを作るなら改造一斗缶のほうがよさそうだわwwwwwベニヤスモーカーじゃつらいwwwwwww今製作中の3号(ベニヤ製)がどこまで既製品のスモーカーに迫る性能になるか・・・心配だけど楽しみだ。


とにかくスモークチーズバジルペッパー風味をレパートリーに加えられるように作りまくって安定させないとね。週末にもう一度チャレンジしてみようっと。
posted by Sujiniku-Daioh at 21:54| Comment(0) | 燻製 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月04日

上海問屋で買った超音波メガネクリーナーの感想



このおもちゃを買った。なぜかっていうと、メガネを洗いたかったから。そのまんまだね。でも俺、視力は両眼1.5以上なので普段メガネは使っていない。でもサングラスは使う。サイクリング用のサングラスに、車に乗るときのサングラスの2つ。このサングラスを「本格的に」洗ってみたかったので買った。サイクリング用のほうはロードバイクに乗る前日か当日に軽くレンズ部分を洗うけど、テンプルはさっぱりだったし、車用なんてしっかり洗った事なんて1度か2度しかない。10年使ってるのにwwwwwww洗ったことが数度しかないwwwwwwwwwwwwいや、ウェットティッシュとかで拭いたことはあるよ?でも、しっかりとは・・・ってことね!だって俺メガネ男子じゃないもん!でもメガネ女子は好きです!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!111111111
さて俺が何に萌えるかとかそんな話はどうでもいいので、実際に10年近く真剣に洗っていないメガネをこの超音波クリーナーに突っ込んでみよう。ちなみに、水はマックスのラインまで入れて中性洗剤を少し垂らした。汚いサングラスをその水の中に投入し・・・スイッチオン!!
小学校の保健室にあった消毒マシンが出していた「ジイイィィィィ〜・・・・」というあれに似た音(30代以上の人ならわかってくれるはず!)とともに、メガネの鼻の部分から白いモヤモヤが出てきた!
DSC_0189.jpg

これ、写真じゃ伝わらないなぁ・・・。文字で言うと、写真から見て右側のレンズ(実際に装着したときに左目を覆うほうのレンズ)の鼻の部分に白いモヤモヤが見えるはず、拡大したら。これは・・・汚れだろうね。この超音波クリーナーは180秒がデフォルトの洗浄時間なんだけど、マックスの480秒間動かしてやっと白いモヤモヤが出なくなったくらい汚かった。俺の10年間は480秒できれいになった・・・と、喜んでいいのかな。ま、喜んでいいんだろうねこういうのは。この超音波クリーナー、すげえよ本当!汚れ落ちるもん!その証拠に、(写真には撮ってないけど)洗浄に使った水が明らかに濁っていた。もう何回も言っちゃうけど、うれしいよ、サングラスがきれいになったから。
ほかにも、家にあるくし(髪を解くやつ)をやったり、俺が唯一所有しているシルバーアクセもきれいにした。シルバーアクセのほうはそれほどでもなかったけど、くしは・・・もう完全アウトな汚さだった。もう、見せられないというか、見せたくないくらいのねwwwww



まとめ。
上海問屋で売ってるこの超音波クリーナーは・・・
メガネとかの細かく入り組んだものを本格的にきれいにしたいなら買って損はなし。
動作音が結構あるから深夜の使用はおすすめできないけど、ロード乗ってるときは汗だくになるじゃん。当然サングラスもその汗の影響を受けるから、サングラスの寿命を長持ちさせるためにもこのクリーナーは所有しててもいいと思う。自転車の手入れはするのに、ウェアの手入れはしない・・・っていうのはなんかもったいないじゃん?ね?いいと思うぜこれ。
posted by Sujiniku-Daioh at 20:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする