2017年01月29日

Enter the Gungeonの新アップデート【Supply Drop】を少し触った感想

Enter the Gungeon 01.28.2017 - 21.30.49.03.png

自分の弾避け技術をフル活用して進む弾幕ゲー「Enter the Gungeon」に無料のアップデートSupply Dropがやってきた。せっかくなのでアップデートを適応して数ラウンド遊んできたのでその感想を書いていく。

新しいアップデート[Supply Drop]は・・・

Enter the Gungeonをしゃぶりつくした人にはもってこいのアップデート!

まだ数回しかガンジョンに潜っていないのですべての追加要素を遊んだわけじゃないけど、新ボスを含めて新しいフィーチャーをいくつか見つけたのでそれの紹介&感想を書いていく。

セーブ機能
Enter the Gungeon 01.28.2017 - 21.30.18.01.png

ボスを退治した後、次のフロアに向かうエレベーターの横にボタンが追加されていた。このボタンでセーブができるのだが・・・このボタン、しゃべる!
Enter the Gungeon 01.28.2017 - 21.30.29.02.png

はい おつかれ〜
あ〜あ〜…しんどそうな顔して…
先へ進む前に いったん休けいにする?


そうします…<セーブして終了>
ボタンのくせに よけいなお世話だ

しかもすげぇダルそうにしゃべりやがる。相変わらず素晴らしいローカライズっぷりなので文章も楽しく読めるが・・・なんかこのボタン、腹立つwwwwwwちなみにセーブを選ぶとエレベーターがコールドスリープみたいなのに変わり、それに乗り込むとタイトル画面に写る。で、タイトル画面にあるContinueを選ぶと次のフロアから再開ということになる。この機能、もうちょっと早くから実装して欲しかったなぁ。6フロア目まで行こうと思ったら余裕で1時間とか使っちゃうし、止め時を見失いやすかったんだよね。でもセーブ機能が増えたので、ちょっと安心。


新しいガンデッド
Enter the Gungeon 01.28.2017 - 21.39.32.04.png

こんなやつとか、鍵の形をしたやつとか、壺みたいなやつとか、えぐいレーザー(っぽいもの)を出す黒いショットシェルの敵とか・・・いっぱい増えた!だが、難しさも若干増えた!だって、新しい敵のための対策を組み直す必要があるから。

新しいNPC
Enter the Gungeon 01.28.2017 - 21.41.55.05.png

こんなやつ見たことねえ。これらを助けるとエントランスがどんどん賑やかになっていくんだろうね。しかも1体だけじゃなく複数いるみたいなので、潜る楽しさも増えた。

新しい武器
Enter the Gungeon 01.28.2017 - 21.48.26.06.png

この武器は見たことなかった。ショットガンそのものを弾として発射する武器。撃つとショットガンが発射され、そのショットガンから弾も発射される。範囲攻撃みたいなものだね。似たようなもので、「ブレッド」ってのもあった。こっちはピストルを弾として発射した。武器コンプリートがさらに難しくなりましたとさ!!

新しい3ボス
Enter the Gungeon 01.29.2017 - 22.10.09.01.png


Enter the Gungeon 01.29.2017 - 22.10.14.02.png

災いの鐘を鳴らす者 マイン・フレイヤー。相変わらず二つ名がイケてるぜ。どんな攻撃をするかというと・・・
Enter the Gungeon 01.29.2017 - 22.11.30.03.png

こんな感じ。赤丸に自機が入ると爆発してダメージを食らったり、かなり速い全方位弾を打ってきたり、壁で反射する全方位弾を打ってきたりする。幸い、マイン・フレイヤーは部屋の中央からあまり動かないので縦シュー慣れした人なら画面下に、横シュー慣れした人なら左側に陣取れば避けるのはかなり楽なので難しさで言えば戦車以下だと思う。なお・・・増えたのは3ボスだけではない模様。アモコミノンを見る限り、マイン・フライヤー以外にあと3体増えていた。どんな無茶弾幕で襲ってくるんだろうね?!楽しみだ!!

(・−・(・−・)・−・)

Enter the Gungeon、まだまだ遊べます。遊び尽くせません。ボリューム満点です。大事なのは、弾幕を避ける技術と情熱、折れない心だと感じた。セーブ機能が増えて初心者に優しくなったとはいえ、元々が辛めの味付けになったゲームだから失敗を重ねても投げない強い意志が必要。その強い意志で挑み続け、あらゆる弾を避けまくった先にあるのはクリアしたという実績と培われた弾避け技術、そしてただの自己満足。でもね、それが楽しいのよ。それがローグライクの醍醐味だと思うのよ。まだEnter the Gungeonをやったことなくて、ローグライクの定番である「プレイヤーが強くなる課程」を楽しむことに共感できるのなら、今すぐEnter the Gungeonを買うべきだぜ!!
posted by Sujiniku-Daioh at 22:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。