2017年08月15日

半年ぶり?になんちゃってソーセージ

前回はチーズとバラ肉だったが、今回はミンチでなんちゃってソーセージを作った。
半年近くなんちゃってソーセージを作っていないので、レシピをすっかり忘れてしまっていた。具体的には、塩の量。コショウとかの調味料は毎回適当なんだけど、塩を間違えるとえらいことになる。そして、その塩の量を間違えてしまった。肉の重量の3%を入れた。そのせいで、できあがったモノがちょっとしょっぱい。俺が見つけたちょうどいい割合は1.5%だから、実に2倍。だが、酒と一緒につまむのならこれくらいがいいようで、振る舞った親戚には好評だった。夕飯のおかずにするなら1.5%で、つまみにするなら3%弱ってところかな〜。
awegrnh.jpg

やっぱり、この豚ミンチは作業中に出る油の量がすさまじいね。こないだ交換した2号の底板がもう油まみれになっちゃった。また新しく作ってこよう。


さ、そろそろ体を仕事モードに切り替えますかね!!
posted by Sujiniku-Daioh at 21:40| Comment(0) | 燻製 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月11日

盆なので燻製

夏の連休が始まった。この連休を有意義に過ごすために、俺は前の日曜日から準備をしていた。それは・・・肉の仕込み。スーパーで豚バラ肉を2つ買ってきて、いつもの味付けをした。いつもの味付けというのは、下のような感じ。

  • 醤油・酒類を1:1の割合で入れたモノ(今回は合計300ml)
  • 砂糖(肉の重量の1%)
  • 黒コショウ(スパイスミルで回して手が疲れるまで)
  • ハーブ(適当)
  • 水(肉全体が浸かるようにするため)

さらに、ここに酢を入れた。先週、俺が超大好きなラジオ番組「ピートのふしぎなガレージ」で酢を特集していたこともあり、面白そうだったので50ml〜60mlくらい入れた。これを5日ほどつけ込み、その後流水で塩抜き。程よく塩が抜けたら日陰で乾燥させた。そして2号に投入し、燻製スタート!2時間弱煙をかけて、できあがったモノがこちら。いい色!
subekon1.jpg

飴色。なお、今回は一緒にチーズも燻製していた。なので、爆裂火力にすることができなかったので、分厚い部分は火が通ってないっぽい。なので、フライパンでちょっと炒めて食べると・・・うむ、ほんのり酸っぱくておいしい。かなりオイリーだからモリモリ食べることはできないけど、この酢がアクセントになって「くどいけど、もう1枚・・・!」となる。不思議な味!でもやっぱりくどいんだけどねwwwww
なお、チーズはこんな感じになった。きれいに並べた。
4rnwrsg.jpg

明日はこれを心待ちにしているAgentの元へ行くために南へと向かう。でも、その前に多度あたりでIngressかな〜?たぶん明日の気温はかなり高いだろうけど、気合い入れて活動するぞー。


おわり!!!!!!
posted by Sujiniku-Daioh at 21:31| Comment(0) | 燻製 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月25日

おつまみ用スモークチキン

普段から参考にしているピートショップのタカハシさんが掲載している燻製レシピにスモークチキンという項目が追加されていた。中を見てみたら・・・ほうほう。2〜3時間で完成とな。せっかく(?)なので、このレシピを真似てみた。
近所のスーパーでたまたま鶏ムネ肉が100g95円で特売していた。わざわざコストコに行かなくてもいいじゃーん!ということで、まずは買い物のためにスーパーへ。自転車で往復5分程度の場所にあるスーパーに30分以上かけて行って、目的のモノを購入。帰りも10分くらい費やして帰宅。何をしていたかって言ったら、そりゃもう俺はAgentだから。
帰ってきたら調理開始。片手鍋に、皮を取った鶏肉を突っ込む。その肉が浸かるか浸からないかギリギリくらいに水を入れ、醤油(適量)・みりん(テキトー)・塩(少し)・砂糖(塩より少なく)・味の素(目分量)・刻んだタマネギ(1玉分)・豆板醤(ちょっと)・にんにく(ある程度)を入れた。え?調味料の分量の詳細?うるせーばかwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
さて。これらを30分くらい煮込んで、キッチンペーパーで水分を取った。風乾とかの時間がかかる系の行程はすべて省いたので、この後すぐに2号に肉を投入。ちょっと事情で物置の奥の方に2号をしまっていた期間があったので、今回の出撃はもしかしたら1月以来かもしれない。それくらい久々に行う2号での燻製。楽しまねば・・・!
肉はさっき煮込んだおかげで火が通っている。なので今回はポータブルガスコンロを使った熱燻ではなく、スモークウッドを使った温燻にした。本当はガスコンロだと常に2号に付きっきりになるのが嫌だったという理由なんだがwwwwまあそれはいいとして、ウッドを燃焼させる。
2gou1.jpg

なんか2号の底板、かなり汚れているなぁ。この記事を書き終えたら交換しようっと。
写真はないけど、ポテトチップも2号に入れた。あとはこのウッドが燃焼しきるまで放置。煙が立たなくなった頃には、おいしいスモークチキンと燻製ポテトの出来上がりって算段よ!途中数度フタを開けて出来上がりをチェックしたり、ウッドの上にピートをまぶして上品なスモーキーフレーバーを追加したりして、できあがり。あら熱を取ってチャック袋に投入。これを持って南へと歩を進めた。そして目的地でこのチキンを披露した。
ychk.jpg

醤油とかの分量が明らかに適当だったが、おいしくできあがっていた。大好評!割とハイペースでチキンは売れていった。だが、スモークポテチは煙のかかり具合がヘビーすぎたためちょっと不評。ウイスキーをガバガバ飲むような人には受けるが、酒の席ではなかった今回はいまいちだった。俺がいつか完成させようともくろんでいる「Sujiniku-Daioh氏の燻製コース料理」のお通し的ポジションにこの燻製ポテチを持ってくるつもりだったが、意見が真っ二つに割れそうなのと、割れた先が不評だった場合この先の料理に期待を持ってもらえなくなるという懸念があるので、この燻製ポテチはお蔵入りにすることにした。すべての人を満足させることは不可能に近いとはいえ、やる以上はパーフェクトを目指したい。妥協したり、諦めたりしたら『終わり』なので、もっと腕を磨かねばならないと教わった有意義な集まりだった。あと1ヶ月で仕上げねば。


おしまい!!!!!!!!!!!
posted by Sujiniku-Daioh at 09:40| Comment(0) | 燻製 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする