2017年02月19日

Spigenのバイクマウント A250 の感想

結構前にSpigenのバイクマウントを買った。これをLink B7に取り付けてIngressをしてきたのでそれの感想を書いていく。

-------

検索か何かでこのページにたどり着いた人はおそらくこのバイクマウントがどういう品なのかを知っているだろうからテキストによる説明は省いて、写真を用いた使用感の感想を書いていく。取り付けた車両はLink B7。写真は下。
bm1.jpg

取り付けた電話はM02。このとおり、きれいに収まる。
裏側を撮ってみた。
bm2.jpg

関節の部分が球体になっているので、かなり自由にスマホの角度を替えることができる。この角度で固定!というようなネジ部分があるんだけど、この部分をどれだけ触っても狙った角度で固定ができない。ハズレの個体を引いたのか、そもそも使い方を間違えているのかよくわからないけど、狙った位置で固定できないのはなんかもったいない。
ちなみにこの時、マウントの「前後」を間違えて取り付けていた。具体的に言うと、固定する手回しネジが自分の方向に向いていてはいけないのに、自分のほうにある。そんな状態で、さらに上で言っていた固定ができないクタクタの首。そのせいで、段差等を乗り越えるとかの自転車に大きなショックが加わると、すぐマウントがあっち向いてしまうという現象に見舞われたwwww
bm3.jpg

こんな感じにwwwwさすがにおかしいと思って前後を入れ替えたら超快適になった。で、正しい方法で取り付けて軽く20kmほど走り回ったら・・・スマホの脱落はなかったし、角度がズレることもなかった。なかったというか、可動範囲の下限=快適な角度だったっていうだけなんだけどねwwwww固定に関しては・・・通常走行をしていてもスマホの固定が取れそうになるなんてことはなかったし、路上の段差をパスするときにフロントリフトを多用したけど、そんな使い方をしても危うくなることもなかった。最初は「これ大丈夫なの?」と思っていた固定機構だったが、想像以上に脱落しにくいようだ。・・・といっても、あくまでLink B7に取り付けたらの話。Link B7は普通に使って10km/h程度、7速に入れてマックス回してたとしても20km/hを超えるかな〜って程度の「遅い」車両。なので、20km/hが普通で、出すときはその倍出てしまうロードバイクや、高速道路を進む単車とかではスマホの脱落事故が起きても不思議じゃない。なので、保険の意味も込めてストラップホール付きのケースを装着して、ストラップをマウントに引っかけておくとかの工夫をしたほうがいいと思う。

------

モノはいい。2,000円にしては。堅牢かと言われるとまだなんともいえないけど、ちょっとやそっとでは壊れなさそうな気がする。カラーバリエーションが黒のみってのが悪い点かな。このバイクマウントを買おうと思ってる皆さん。よかったら参考にしてちょんまげ。
posted by Sujiniku-Daioh at 16:44| Comment(0) | Tern Link B7(2016) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月07日

Aegis Nova東京に向けて即席で作ったロックステー

来週に迫ったAegis Nova。当日は受付だけ済ませて後は買い物や観光をしながらの適当にIngress遠征・・・とするはずだったのだが、様々なアクシデントが重なったため最前線で動くことになってしまった。しかもチャリ持ち込みで。Anomalyにチャリを持ち込むことに関しては別に俺は慣れたモノだ。だって浜松に3台持ち込んだんだから。だが、東京となるとちょっと事情が変わってくる。だって、東京っていったら高級車はもちろんのこと、ママチャリですらあっさり盗まれちゃうんでしょ。そんな地に対策なしでチャリを持ち込むなんてまさに愚かな行為である。だからといって、今から何ができる?Anomalyまではまだ9日ほどあるが、車両そのものは自動車で東京に向かう人に預けることになっている。参加することになったのは月曜。その人に預けるのが金曜。スケジュールがかなり厳しい!だが、そんな厳しい時間の中で、こんなものを作って取り付けた。
DSC_0408.jpg

自転車のロックを取り付けるステーだ。よくわからないよね。では、この写真の真ん中らへんにある物体の別の角度の写真を見てもらおう。
DSC_0409.jpg

やっぱりよくわからないと思うので説明すると・・・
俺が所有するLink B7に限らず、Ternの車両にはトロリーラックを取り付けるため?それともリア用の荷台を取り付けるため?のネジ穴が開いている。M5の。そのM5のネジ穴にビスを入れ、L字の形をした金具を挟んだ。こんな感じに。
DSC_0410.jpg

そのL字の金具に白い筒を取り付けた。いいビスがなかったので針金固定+ビニールテープだけどね。これに俺が持っているABUSのロックを取り付けるブラケットを挟み込んでロック本体を固定できるようにした。
DSC_0411.jpg

DSC_0412.jpg

白い筒に黒いブラケットがついてるでしょ。これで重たいロックを車両に固定することができる。車重はロックの分増えてしまうが、カバン等に入れて置くよりは体(肩)に負担がかからないし、取り回しがよくなった。なぜ取り回しが良くなったと言えるかというと、下の写真(ロック本体を収納した写真)を見てもらうとわかりやすいと思う。
DSC_0413.jpg

ペダリングの際に脚に絶対触れない位置でロックが止まっている。これが大事!ロードバイクのサドルバッグも、大きいと脚に触れて嫌じゃん?俺のサドルバッグは小ぶりだもん。収納力はその分犠牲になるけど、ペダリングに集中したいからね。それに、左右どっちかに寄らせてしまうと左右のバランスが崩れるから是が非でも真ん中じゃないとダメだったっていう理由もある。急ごしらえにしては結構うまくできたんじゃないかな?耐久力の面では不安なところはあるけど、とりあえず今度の東京は乗り切れる・・・はず。
せっかくなのでワックスがけもして終了。もちろんいつもの日産純正ハードワックス。
DSC_0407.jpg

20年経った今でも余裕の現役。このワックスで車両を磨いて本日の作業は終了・・・って、チェーンオイル注すの忘れてた。あとで注してこようっと。


では小話をひとつ。
L字の金具+筒でロックのブラケットを作るというのは実はすぐに思いついていた。だが、材料探しが手間取っていた。L字の金具は自転車側はM5のビスを通したが、筒側はM4すら通らない穴しか開いていなかった。手持ちの工具ではSUS304(だと思う)に穴を開けることはできない。じゃあ別のL字金具を・・・と思ったが、会社のどの廃棄部品ボックスをあさっても出てこなかったので針金固定となってしまった。さらに、今回の即席ロックステーの一部にする筒探しも苦労した。最初見つけたものはどう見ても太すぎる+重い鉄パイプ。もっと軽くてそこそこ丈夫なものでないといけない・・・と思い、廃棄部品ボックスや粗大ゴミ置き場をウロウロ。そこで見つけたのが・・・掃除機wwwwwwそう、この筒は掃除機のあの部分なのである!これを見つけたときに、俺に電撃が走ったねwwwwwww思わず掃除機に「お前・・・会いたかったぜ・・・」って(小声で)言っちゃったもんwwwwwwwwwwwwwwwwwプラスチックだからそこそこ硬いし、加工もしやすい。そして軽い!最強すぎる一品だ。俺のLink B7の安全は掃除機が守ってくれている。なんて素晴らしいんだ!!!!!!!!!!!!!!1111

という話でした。おしまい。
posted by Sujiniku-Daioh at 22:34| Comment(0) | Tern Link B7(2016) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月01日

Link B7にボトルゲージをつけたので感想

前から考えていたボトルゲージの取り付けをした。これ。Topeakの「Modula Cage EX」というもの。
DSC_0129.jpg

黒を買った。白いのもあるようだが、買った店に白が置いていなかったので黒。これを装着し、さらにドリンク(今回は未開封のペットボトル)を入れて走行した感想を書いていく。
まず乗り降りについて。こないだの浜松Obsidianで同行したAgentに貸したときに気づいたことなんだけど、トップチューブをまたぐ場合、このボトルゲージに足が当たってしまう場合がある。俺はロード慣れしているのでロードのような感じで乗り降りするけど、ママチャリ風の乗り方だとこれが案外邪魔になるらしい。スカートをはいている女性にとってはそうなるようだ。この記事を見て購入前の参考にしようとしている人はそこに注意するべし。あなたが男で、トップチューブにカメラを仕込んだLink B7を貸しちゃう勇者ならボトルゲージをつけるべきだね。殴られるだろうけどwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
アホみたいなことはいいので次の感想。走行したとき。今回は未開封のペットボトルを入れて走ったんだけど、俺のような素人でもわかったくらい重くなった。たった500グラムの重量増加なのに、信じられないくらいのウェイトを背負った感じがした。ロードでボトル2本中身満載で走ったときより重く感じた。なんでか知らないけどね。あと、未開封(中身満載)のボトルで強めのブレーキをかけた場合、ボトルが前にずれた。急ブレーキなら人工衛星と証したミサイル()の勢いでボトルが前に吹っ飛びそう。もちろんちゃんとボトルのサイズに合わせてケージを調整したよ。それにも関わらず、前に移動した。多少飲んで軽くなった状態ならいいだろうけど、満タンだと怖かった。アクエリアスのボトルのようなくびれがあるボトルなら心配しなくていいんだろうけど、おーいお茶のようなストレートな形のやつはそうなるっぽい。しっかり検証したわけじゃないけどね。


と、いう感じでボトルゲージの感想は終わります。ところで日本ではボトル「ゲ」ージっていうほうが多いみたいだね。ローマ字だとボトル「ケ」ージなのに。あれかな、カセットテープ版サタデーナイトフィーバーのサウンドトラックのBoogie Shoes(ブギー・シューズ)というトラック名が誤ってブジー・シューズって表記されてるのと同じ感覚かな?!え、ソース?はいどうぞ!!!!!!!!!!!1111
160301_2045~01.jpg

ほらね、ブギーじゃなくてブジーになってるでしょ!?すごいでしょ!!!!!!111もうよくわかんねえや!!!!!!!!!!11112222334

ということで、最後のお約束である商品リンクを置いときますので、適当に活用してください。変なオチですいませんでした。

posted by Sujiniku-Daioh at 20:49| Comment(0) | Tern Link B7(2016) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする