2017年04月30日

今度の遠征に向けて軽く調整&記念撮影(自慢)

一部の人はもう始まってるのかな?ゴールデンウィーク。俺は残念ながら明日・明後日と仕事だからまだ遠出はできないけど、今日は休日だったからいろいろと触った。触ったといっても、すげー簡単な調整とホイールをぞうきんで拭いただけなんだけどね。


さてさて。今日軽く触った部分はこれ。後輪のブレーキ。最近、後輪のブレーキをかける度に金属の擦れる音がしていた。もしかしたらシューのが減っていて金属の部分が露出しているのかもしれないけど、今はブレーキシューを外すことはできない。今、諸事情で現在マルチツール(が入っているロードバイク)が手元にないのでブレーキの部品そのものを六角で回して調整をすることはできないから、ブレーキのアーム・ハンドル裏のネジで調整をして不快な金属音が鳴らないようにうまく調整をした。まずはハンドル裏のネジ。
b7b.jpg

この部分を若干緩めた。緩めすぎるとさすがにまずいので、次はブレーキのアーム部分を調整。
b7a.jpg

このネジを・・・どっちに回したか忘れたけど、これを触った。しっかりブレーキも効き、音が鳴らない程度になったのでとりあえずこれでOKとする。最悪、遠征中にギーギー鳴り出したらブレーキシュー本体を強引に指で押さえてシューの金属が接触しないちょうどいい部分を出す。そうするしかない。なんつーか投げやりwwwwwwwwwwwwwwww


あ、そういえばライト買ったのよ。Amazonで。これ。Teyimoというメーカーのフロント・リア用ライト。
ffrit.jpg


teeerr.jpg

タイムセールで2,399円で買った。このライトの使い勝手とかはまた後日レビューするよ!ということで、明日が平日の皆さん!楽しんでね!明日が仕事の同志よ!適当に頑張ろうぜ!!な!!!!!!!!!!!1111

最後に自慢用記念撮影。池田山の道路にて。この辺最近いっぱいPortalが増えたからね、ついつい坂を上っちゃったよ。B7で。登った先にPortalがあるなら、どんな坂でも攻略する。それがAgentの性ってやつだぜ。
linkb7ikedayama.jpg
posted by Sujiniku-Daioh at 21:18| Comment(0) | Tern Link B7(2016) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月18日

洗車!

こないだの休日にクルマを洗った。ついでなので自転車も洗おうということで、Link B7を物置から出してきた。車体もいろんな部分がギトギトで、チェーンもかなりひどい。
DSC_0030.jpg

けっこう黒い。これをきれいにすることにした。ちょうどこないだ、ロードバイクをきれいにするための掃除道具を買ったのでそれを流用することにした。WAKO'Sのパーツディグリーザーと、ブラシ。
DSC_0031.jpg

紙コップに入っている青い液体がパーツディグリーザー。パーツクリーナーよりもチェーンのギトギト汚れを落とす能力が高く、液体そのものが汚れても洗浄能力が落ちづらいのがいい。その上、この液体は土に流しても自然に帰る(らしい)ので、環境面への配慮もなされているのが素晴らしい。そんなクールな洗浄液を使ってチェーンを掃除した。リアタイヤを浮かせた状態でディグリーザーを染みこませたブラシをチェーンに挟み込み、ペダルをぐるぐる〜・・・何周か回したらディグリーザーが入った紙コップにブラシの先端をつけてシャバシャバする。これだけで簡単にチェーンがきれいになる。その代わり、ディグリーザーのきれいな青が一瞬にして汚い色になっちゃうけど、汚れが落ちているという証拠なのでよしとする。チェーンをきれいにしたら、スプロケットも同様にブラッシング。ついでにディレイラーもできる範囲でゴシゴシ。この後は水で流す。
DSC_0032.jpg

この「水で流しておしまい」ってところが簡単でいいよね!土にダイレクトに流してもダメージが少ないってのが本当にクール。その辺の雑草が生い茂った空き地とか、庭の端っことかで作業すればいいわけだし。さすがに完全に無害じゃないだろうから野菜を作ってるところでやるべきじゃないだろうけどね。俺みたいなにわかチャリダーにとってパーツディグリーザーは自転車ケアの必須アイテムだと感じられた。もうWAKO'S大好き。
この後は車体の汚れを落とし、チェーンにオイルを注しておしまいとした。まだ試走はしてないからわからないけど、きっと変速等はスムーズになっただろう。今度のゴールデンウィークはきれいになったLink B7を積んでどこに行こうかな〜?



最後に、「いつものリンク」をつけておきます。よかったら有効活用してください!!!!!!11
 

posted by Sujiniku-Daioh at 21:33| Comment(0) | Tern Link B7(2016) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月19日

Spigenのバイクマウント A250 の感想

結構前にSpigenのバイクマウントを買った。これをLink B7に取り付けてIngressをしてきたのでそれの感想を書いていく。

-------

検索か何かでこのページにたどり着いた人はおそらくこのバイクマウントがどういう品なのかを知っているだろうからテキストによる説明は省いて、写真を用いた使用感の感想を書いていく。取り付けた車両はLink B7。写真は下。
bm1.jpg

取り付けた電話はM02。このとおり、きれいに収まる。
裏側を撮ってみた。
bm2.jpg

関節の部分が球体になっているので、かなり自由にスマホの角度を替えることができる。この角度で固定!というようなネジ部分があるんだけど、この部分をどれだけ触っても狙った角度で固定ができない。ハズレの個体を引いたのか、そもそも使い方を間違えているのかよくわからないけど、狙った位置で固定できないのはなんかもったいない。
ちなみにこの時、マウントの「前後」を間違えて取り付けていた。具体的に言うと、固定する手回しネジが自分の方向に向いていてはいけないのに、自分のほうにある。そんな状態で、さらに上で言っていた固定ができないクタクタの首。そのせいで、段差等を乗り越えるとかの自転車に大きなショックが加わると、すぐマウントがあっち向いてしまうという現象に見舞われたwwww
bm3.jpg

こんな感じにwwwwさすがにおかしいと思って前後を入れ替えたら超快適になった。で、正しい方法で取り付けて軽く20kmほど走り回ったら・・・スマホの脱落はなかったし、角度がズレることもなかった。なかったというか、可動範囲の下限=快適な角度だったっていうだけなんだけどねwwwww固定に関しては・・・通常走行をしていてもスマホの固定が取れそうになるなんてことはなかったし、路上の段差をパスするときにフロントリフトを多用したけど、そんな使い方をしても危うくなることもなかった。最初は「これ大丈夫なの?」と思っていた固定機構だったが、想像以上に脱落しにくいようだ。・・・といっても、あくまでLink B7に取り付けたらの話。Link B7は普通に使って10km/h程度、7速に入れてマックス回してたとしても20km/hを超えるかな〜って程度の「遅い」車両。なので、20km/hが普通で、出すときはその倍出てしまうロードバイクや、高速道路を進む単車とかではスマホの脱落事故が起きても不思議じゃない。なので、保険の意味も込めてストラップホール付きのケースを装着して、ストラップをマウントに引っかけておくとかの工夫をしたほうがいいと思う。

------

モノはいい。2,000円にしては。堅牢かと言われるとまだなんともいえないけど、ちょっとやそっとでは壊れなさそうな気がする。カラーバリエーションが黒のみってのが悪い点かな。このバイクマウントを買おうと思ってる皆さん。よかったら参考にしてちょんまげ。
posted by Sujiniku-Daioh at 16:44| Comment(0) | Tern Link B7(2016) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする