2017年06月25日

おつまみ用スモークチキン

普段から参考にしているピートショップのタカハシさんが掲載している燻製レシピにスモークチキンという項目が追加されていた。中を見てみたら・・・ほうほう。2〜3時間で完成とな。せっかく(?)なので、このレシピを真似てみた。
近所のスーパーでたまたま鶏ムネ肉が100g95円で特売していた。わざわざコストコに行かなくてもいいじゃーん!ということで、まずは買い物のためにスーパーへ。自転車で往復5分程度の場所にあるスーパーに30分以上かけて行って、目的のモノを購入。帰りも10分くらい費やして帰宅。何をしていたかって言ったら、そりゃもう俺はAgentだから。
帰ってきたら調理開始。片手鍋に、皮を取った鶏肉を突っ込む。その肉が浸かるか浸からないかギリギリくらいに水を入れ、醤油(適量)・みりん(テキトー)・塩(少し)・砂糖(塩より少なく)・味の素(目分量)・刻んだタマネギ(1玉分)・豆板醤(ちょっと)・にんにく(ある程度)を入れた。え?調味料の分量の詳細?うるせーばかwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
さて。これらを30分くらい煮込んで、キッチンペーパーで水分を取った。風乾とかの時間がかかる系の行程はすべて省いたので、この後すぐに2号に肉を投入。ちょっと事情で物置の奥の方に2号をしまっていた期間があったので、今回の出撃はもしかしたら1月以来かもしれない。それくらい久々に行う2号での燻製。楽しまねば・・・!
肉はさっき煮込んだおかげで火が通っている。なので今回はポータブルガスコンロを使った熱燻ではなく、スモークウッドを使った温燻にした。本当はガスコンロだと常に2号に付きっきりになるのが嫌だったという理由なんだがwwwwまあそれはいいとして、ウッドを燃焼させる。
2gou1.jpg

なんか2号の底板、かなり汚れているなぁ。この記事を書き終えたら交換しようっと。
写真はないけど、ポテトチップも2号に入れた。あとはこのウッドが燃焼しきるまで放置。煙が立たなくなった頃には、おいしいスモークチキンと燻製ポテトの出来上がりって算段よ!途中数度フタを開けて出来上がりをチェックしたり、ウッドの上にピートをまぶして上品なスモーキーフレーバーを追加したりして、できあがり。あら熱を取ってチャック袋に投入。これを持って南へと歩を進めた。そして目的地でこのチキンを披露した。
ychk.jpg

醤油とかの分量が明らかに適当だったが、おいしくできあがっていた。大好評!割とハイペースでチキンは売れていった。だが、スモークポテチは煙のかかり具合がヘビーすぎたためちょっと不評。ウイスキーをガバガバ飲むような人には受けるが、酒の席ではなかった今回はいまいちだった。俺がいつか完成させようともくろんでいる「Sujiniku-Daioh氏の燻製コース料理」のお通し的ポジションにこの燻製ポテチを持ってくるつもりだったが、意見が真っ二つに割れそうなのと、割れた先が不評だった場合この先の料理に期待を持ってもらえなくなるという懸念があるので、この燻製ポテチはお蔵入りにすることにした。すべての人を満足させることは不可能に近いとはいえ、やる以上はパーフェクトを目指したい。妥協したり、諦めたりしたら『終わり』なので、もっと腕を磨かねばならないと教わった有意義な集まりだった。あと1ヶ月で仕上げねば。


おしまい!!!!!!!!!!!
posted by Sujiniku-Daioh at 09:40| Comment(0) | 燻製 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月17日

ラーメン・道の駅・温泉

今日は優雅にドライブ。伊吹山を(遠巻きに)右に、ぐるっと時計回りの小旅行をした。Ingressしによく行く長浜から、自転車でならよく行く藤橋などに行ってきて、おいしい空気を吸ってきた。そんな休日の話。


まずは池田山。クルマで登って、駐車場へ。クルマを置いて歩いてIngressを少しした。今日は日差しがきついが、気持ちいい青空だ。
1701.jpg

今年初の弓削だったので、おそらくこの緑は150日を超えていただろう。もっと早く来るべきだった。ま、そんなことはどうでもいい。今日は本当に景色がいい。見てよ、このあじさい&景色。
1702.jpg

縮小せずに載せてもいいくらい、きれいだった。でも、肉眼で見るより、写真で見るとダイナミックさが薄くなっちゃうんだよねー。なんとかっていう脳の仕組みが憎いわほんと。
ここでIngressをやめ、長浜へ移動。今日はドンキ!・・・の少し北にあるラーメン屋に行った。ここ。「麺屋 げん気」という店。俺さ、このラーメン屋の存在をここ最近知ったのよ。そして、二郎系ということもあったので、これは行かないと!と思っていた。でも長浜は遠いので、何か用事があるときにって思っていたけど、今回はこのラーメンを主目的にしていたので遠くても気にしない!行く!行った!入った!頼んだ!待った!こんなのが出てきた!!!!!!!!!!111
1703.jpg

味玉らーめん(もやしちょい増し)850円。麺はしっかり二郎系の太縮れ麺。かつおぶしがかかっていることもあって、和テイストが強くあっさりしていた。背脂のくどさを感じないくらいするっと入っていったので、さくっとスープを飲み干してごちそうさま。次行ったときは野菜ちょい増しのもう1段階上にしてにんにくを入れてもらおうっと。
お次はこのお店からほんの少し南にあるドンキに・・・行かず、道の駅へ。向かった先は、「道の駅 浅井三姉妹の郷」。浅井は『あい』と読み、三姉妹というのはこの3人。茶々・初・江。
1704.jpg

茶々と初はぎりぎりわかる。その辺の美化されまくった戦国ゲームとかに出まくっているから。でも、江は知らない。なので、この銅像の下の文章を読んでみた。
 この地は戦国時代に浅井・朝倉連合軍が、天下統一を目指す小田・徳川連合軍と激戦を繰りひろげた「姉川の戦い」の舞台です。
 開戦当初、浅井軍は織田軍の十三段構えの陣を十一段まで突破し、信長の眼前にまでせまりましたが、数に勝る織田・徳川軍の前に敗走し、その後も難攻不落の山城、小谷城をめぐる攻防戦を三年三ヶ月間戦い抜き、ついに落城の日をむかえます。
 小谷城落城の前夜、浅井長政公は妻お市の方と、茶々・初・江の三人の娘を城から逃がし、長政公の姉の昌安見久尼が実宰院でかくまったと伝えられています。
 その後、お市の方と 茶々・初・江の浅井三姉妹は数奇な運命をたどる事になりました。

まず、浅井長政という人物がわからなかった。そして、昌安見久尼(しょうあんけんきゅうに)はクイズ番組か何かで聞いて名前だけ覚えていた。そして最後に実宰院という場所。この道の駅から西の方へ数km進めばあるんだけど、ここがPortalになってねえwwwwwwwついでに言うと、この道の駅は平成29年すなわち今年の3月にできたばかりの新しい道の駅。当然、Portalはなかったwwww
Screenshot_20170617-123337.png

どんどんPortal Reconを続けて審査待ちを捌けさせれば申請が再開されるかな?がんばろっと!
さて、話がそれてしまったので道の駅の話に戻ろう。この道の駅の設備を紹介!俺らケッタ乗りにはうれしい、サイクルスタンドがありました。
1706.jpg

残念ながら地球ロックではないけど、ロード乗りにはうれしい設備だね!実際、この日はロードとかカスタムしまくった折りたたみに乗っている人がいっぱいいた。道の駅ばかりではなく、コンビニにもサイクルスタンドがあるところが増えているよね。いい傾向だ。
次は売店へ。浅井三姉妹がモチーフ?のジェラートが売っていたけど、さすがに153cm108kgのキモヲタがそんなのをほおばっていたら普通に事案になってしまうのでジェラートはスルー。その代わりに特産品を見て回った。フナとかアユとかの甘露煮真空パックが売っていたり、海なし県なのに鮭が並んでいたりしたが、俺はやっぱり地酒が気になる。
1707.jpg

「石田三成 720ml」。人物名ではなく商品名だとわかってるんだけどね・・・やっぱり人物名というのが頭にあるせいで720mlがギャグにしか見えなくて困るぜwwwwwww
あとはこの道の駅の細かい部分の説明。駐車場が恐ろしく広い。セレナはもちろん、エルグラで来ても余裕。タイタンで来てもおそらく余裕だろうと思えるくらい広い。そして、道の駅のテーマが浅井三姉妹=戦国時代ということもあり、至る所に戦国時代テイストがある。テラスとかそういうところに。あと、トイレはもちろんウォッシュレット。そしてそして、この道の駅の隣は「昭和からやってます!」という感じがプンプンのパチンコ屋がある。
1708.jpg

ここ、ミリゴ凱旋が出る頃に「ハーデス新台入荷!」とか言っていたような記憶がある。大型店が増えていてきついだろうけど、昭和レトロチックな店もいいなと思った。え?中に入って何か打ったのかって?打たねーし、そもそも入ろうとすらしねぇよwwwwww俺たばこの煙が大嫌いだという理由でパチンコ稼業から足を洗ったからねwwwwwwwwwwwwww
1709.jpg

ということで、道の駅 浅井三姉妹の郷を後にした。今度長浜からあぢかまの里へ向かうようなことがあればついでに寄ってくよ!
はい、次。今度は木之元から揖斐川町へ向かうことに。俺がこないだロードで東尋坊へ行った際、パンク修理をした思い出のガソリンスタンドの交差点から303へ乗った。右にウインカーを出している工事ダンプを右から抜かそうとして危ない目にあっていたバイクの姿を後ろで見ながら山登り。コーナー主体の道なのでワインディングが楽しいのなんの。さすがに、さっき危険シーンを演出していたバイクに追いつくくらいのスピードを出すのは怖いので、のんびり制限速度で進んだ。途中、野生のサルが道路を横切った。さすが山。何があるかわからねえ。
揖斐川町に入ったら、最初に見えてくる道の駅にとりあえず飛び込んでトイレ休憩。夜叉ケ池の里さかうち。
1710.jpg

ここに来るといつも思い出す。この近くに超小さいが安価に遊べるスキー場「遊らんど」に行ったことを。リフト1日券が3000円台だったかなぁ?当時としてはかなりリーズナブルだったので、ここに連れて行ってもらって練習をして上手になったのを覚えている。本当に短いのよ。下からてっぺんが余裕で見えてしまうくらいに。コースもメイン(こぶ無し)と林間っぽい道の2本だけ。でも、安いのが良かった。だって俺その頃中学生だったからね。少ないお小遣い(1500円+お手伝いボーナス)でギリギリやりくりできた素晴らしい所だったモン。ほんと。
また話がそれたぜ・・・!修正。インフォメーションでスタンプを発見。白い部分に試打されまくってるwwwww
1711.jpg

かわいらしいキャラクターが描かれたスタンプだった。ここに道の駅ハンターが来るのはいつだろう?こっち方面に来たら乗せてってあげたいぜ。本音はコーナリング性能のいい俺のクルマを自慢したいだけ。欲望丸出しの俺かっこいいwwwwwwwwww
このインフォメーションコーナーは、チラシが一杯置いてあった。
1712.jpg

ここは揖斐川町。だが、俺の目の前には美濃市の美濃和紙あかりアート展のチラシ。ここから美濃のにわか茶屋まで5〜60km以上あると思うけど、そんなところのチラシを置いちゃうのかぁ。横のつながりって大事だ。
さてさてお次は売店へ。瑞草園のお茶が売っていた。
1713.jpg

瑞草園があるのは池田町。池田町には道の駅池田温泉がある。で、その瑞草園で作っているお茶はいび茶というブランド名。そして坂内は揖斐川町。もう頭こんがらがってきたぞ!!!!!!!!!!11
ダチョウもあった。この辺でダチョウの牧場(?)があるのを知っていたのでダチョウの卵を使ったメニューがあるのには驚かなかったけど、遠くから来た人だとびっくりするんだろうなぁ。
1714.jpg

見ての通り。いい値段です。俺はさっき長浜でラーメンを食べたのでダチョウは食べなかった。だから味は知らない。
次は藤橋へ向かった。ここが星のふる里ふじはし。
1715.jpg

ここは俺がロードバイクで坂を攻めたい気分のときによく目的地としていた所。なので、ロードバイクではよく来る。が、クルマで来たのは初。なので、前々から気になっていた温泉も込みでここを堪能した。まずはこれ。森本工房。
1716.jpg

森本工房はウインナーのお店。その森本工房の出店が出ている。だが・・・ウインナーのお店なのに客はソフトクリームばかり買い求めている。森本工房を知らないよその人にしてみれば、「へえ、ウインナーもやってるんだ。じゃあソフトクリームちょうだい!」っていう心理なんだろうね。
さて、この後は楽しみにしていた温泉だ!残念ながら温泉の建物の写真を撮り忘れていたので文章だけで感想を書いていく。藤橋温泉、入ってみた感想は・・・!
中の上くらい。
トロッとした泉質。池田温泉が☆3だとしたら藤橋温泉は☆2くらい。においなし。透明。源泉の温度が低いらしく、湯船のお湯も若干低め。スタンダードな湯以外に変わり種風呂(今回はヒアルロン酸入りのお湯)・泡風呂(という名のジェットバス)・歩行湯・露天風呂・水風呂・サウナ。洗面スペースは10人分くらい。アメニティは良いものではない。シャンプーをしたら髪がひどいことに。石けんで髪まで洗ったときのあの滑り止め感が出てきた。リンスもあるが、はっきり言おう。意味ない。結局俺家に帰っていつものトリートメントつけたもん。なので、ここに入る際はヘアケア関連のアメニティを持って行くことを強く推奨する。
温泉の感想はこれくらいにしよう。この先は温泉から上がって休憩スペースでのんびりしているときに見つけた面白そうなモノの話。りんご酢だ。1杯100円。
1717.jpg

炭酸っぽく見えるがそうではない。飲んでみたら・・・冷たい!けど酸っぱい!!でも冷たくておいしい!が、やっぱり酸っぱい!!数口飲んだら感覚が慣れてきたので飲み干して終了。そういえば、知ってる?酢を継続的に摂取すれば体を柔らかくなるなんていう話あるじゃん。あれって根拠はないんだって。要するに、柔軟がんばれってことだね。


温泉から出た後は家に戻り、上でちょっと話したとおりトリートメントをするために風呂に入っておしまい。のんびりドライブして、温泉にも浸かった。リフレッシュできたぜ!さあ、明日は『王子』として一仕事しますかね〜。
posted by Sujiniku-Daioh at 23:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月10日

Googleアシスタントの返答が秀逸だった

Screenshot_20170610-075604.png


俺:うわっ…わたしの年収低すぎ?
Google Assistant:了解です




ひどいwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
posted by Sujiniku-Daioh at 07:58| Comment(0) | 一発ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする