2017年06月07日

Xperia XZ(F8332)を2ヶ月使ってわかった事をいろいろ書く

前回Xperia XZを買って1週間程度でこの機種の感想を書いた。そして今回は買って2ヶ月目の感想をい書く。今回はスペックとか画面のきれいさとかは置いといて、使ってわかった「これは便利!」と言える機能やそうでない機能、実際の動作等を話していく。カタログや売り文句には出てこないディープな使用感を欠いていくので、よかったら参考にしてね!!


アプリケーションの動作に関する話。普段のインターネットやYouTubeなんかは快適で当たり前だけど、思いっきり負荷をかけたときにちょっと思う部分があった。どれくらいの負荷かというと・・・Ingressを動作させつつ、裏でWebブラウザ・音楽プレーヤーやRuntasticを起動させるという使い方をする。どうやらこれはXZにとってかなりの仕事量らしい。なぜかというと、このような多重起動をしている時に「ちょっとこのお店気になるから調べてみよう」とWebブラウザで情報を探してIngressにタスクを復帰させると・・・ほぼ100%起動しなおしになる。たとえブラウザを動かす時間が1分だったとしてもIngressを起動し直し。5秒とかなら落ちないけど、ちょっと本格的にブラウザを触るとすぐ落ちる。要するに、明らかにメモリ不足。リソースメーター的アプリを入れていないのでしっかりとした数字を出せないけど、メモリが足りていないのは間違いなさそう。その反面、XZsはその心配が無いはず。何かの記事でXZsはメモリを4GB積んでいるおかげでタスクの終了が全然起きなかったという文章を読んだ記憶があるので、複数のゲームをとっかえひっかえ同時進行で遊ぶ人なら、XZを買うよりXZs以上を買ったほうが良いと思う。

カメラ性能に関して。XZsはカメラ性能が売りなのは明白だけど、写真に本気で取り組む人じゃないなら別に無理してXZsを買う必要はないと思う。そりゃ、XZsより全体的にカメラ性能は劣っているだろうけど、十分きれいに撮影できる。以下に載せる写真は、カメラアプリを起動してすぐ撮った写真。細かいオプションは一切触らずだったが、この被写体を「料理」と認識して撮れたのがこれ。
mensshop.jpg


tsukemen.jpg

この写真を見て思う感想に個人差があるだろうけど、だいたいこれくらいはいけますよって感じで捉えてもらえばOK。こういう1枚のきれいな静止画が欲しいのではなく、960fpsのスローモーション撮影に興味があればXZsを選べばいいんじゃないかな?

通知の鳴動制限という機能はArrows M02になかった機能で、これはうれしい機能だった。要は、音やバイブが鳴らない時間や鳴らない日などを設定できる機能。寝てるときに通知が来て起こされるのは嫌だったから、Arrows M02の時は24時間サイレントマナーで、寝るときはまぶしすぎる通知ランプ部分に洗濯ばさみで目隠しをしていたくらいだったけど、XZはこの機能のおかげで寝る時間は無音。そして通知ランプはXperia M2譲りの主張しすぎない明るさ。これはホント重宝している。ひとつ問題があるとすれば、これ。Android 7.1.1にしてからというもの、制限中は常にこれが通知に居座る。
tuuti.jpg

視覚的に「制限してます!」とわかりやすくしているからOKっちゃOKなんだけど、邪魔に感じるときはある。なんとかしてくれないかね。

指紋認証。5本分の指紋を登録できる。認識はかなり速い。が、ダメなときはとことんダメ。手が汗ばんでいたり汚れていたりすると、一切認識しない。かと思いきや、手もきれいにして乾いた状態で指紋をかざしても一切認識しないときだってある。動作が不安定なので、パッと持って電源ボタンを押したときにロックが解除されなければ諦めてPINを入力して使っている。もう少し精度が良かったらなー。

いたわり充電について。いたわり充電中は下の画像のような通知が出てくる。
itawari.jpg

これは見ての通り「今はいたわり充電中ですよ!」ってメッセージ。こういう所は親切なんだけど、残念ながら充電サイクル学習機能があまり賢くない。俺のXZは使い始めて10日くらいで充電のサイクルを学習したけど、いたわり充電中にType-Cケーブルを抜いて充電をやめたりさらに刺し直しをしたり、サイクルそのものを覆す時間に充電をやったりすると思いっきり狂ってくる。ここから先は実体験。先月和歌山にIngress旅行に行ったんだけど、そのときってひたすらIngressをしていたからものすごい速度でバッテリーを使ったのよね。ゲームしながら充電するという「いたり充電」を駆使して朝から晩まで町を青く染めていたけど、普段充電をし出す21時付近に充電を始めたら、そのときは6時半ごろ終了と画面に出ていた。でも、夜通し(って言っても道の駅の中)を散策するため一端ケーブルを抜いてその辺を歩き、クルマに戻ってきてモバイルバッテリーに再び差したら・・・なぜかいたわり充電による満充電完了時間が10:10と出た。その後、午後3時頃にクルマのシガーから充電を開始したら深夜1時頃だったかな・・・なんかよくわからない時間に。あのときの旅行でサイクルが完全におかしくなった。結局、そのサイクルが正常化するまで1ヶ月を要した。俺が思うのは、充電サイクルを学習するんじゃなくて手動で入力するか、一度サイクルを見つけたらオプションか何かで固定化させるべきだと思った。ま、まさかいたわり充電が目当てでこの機種を買う人はいないだろうけど、この機能は「案外おバカですよ」ってこと。
最後にひとつだけ・・・。この機種、重いです。何が重いって、重量が。Xperia M2やArrows M02よりはるかに重い。肩がつらい。男が持って重いと感じるので、女子にはつらいはず。マッスルガールならいいけど。

(^^)(^^) (^^) (^^)(^^) (^^) (^^)(^^)
夏スマホのフラッグシップモデルXperia XZ Premiumや、XZのマイナーチェンジモデルのXZsが発売され、すっかり型落ちとなったXZ。でも、型落ちということは現行モデルのXZ PremiumやXZsよりは安く買える。お財布事情を優先するか、それとも新しさを取るか?最終的には個人の判断になるが、型落ちのXZを選ぼうとする人の参考になればいいな!ほんとに!!
posted by Sujiniku-Daioh at 21:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月29日

今年も楽天から誕生日プレゼントとして500ポイントもらったのでそれの使い道を晒す

今日5月29日で、俺は45歳(wwwwwwwwwwwwwwwwwwwww)の誕生日を向かえた。お祝いの言葉は、去年と同様、東の友人からメールでもらった以外特に無し。だがそんな中、楽天は(今年も変わらず)500ポイントをくれた。去年はカバンに使ったが、今年は・・・これ!東方Project!!



最近はEnter the Gungeonで弾幕と対峙しているが、俺が初めて真剣に取り組んだ弾幕シューターは2002年の東方妖々夢。俺は15年以上、ゆる〜く東方厨を続けている。だからこの単行本もチェックしないといけないと思い、購入に踏み切った。
なお、この単行本。発売日はこうなっている。

発売日:2018年01月26日


来年、すなわち2018年に2017年の誕生日プレゼントが届く。先すぎるわwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

来年はもっとスピーディーなものを買おうと決めた45歳(wwwwwwwwwwwwwwwwwwwww)最初の夜だった。おしまいっ!!
posted by Sujiniku-Daioh at 22:15| Comment(0) | 一発ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月28日

時短ポークジャーキー

ちょっとした疑問が浮かんだ。仕込み1日でジャーキーが作れるか。できるかどうかはわからないが、とりあえずやってみよう!ということで、国産のスライス豚肉を買いに行った。焼酎ベースの醤油ソミュールで1日弱浸け込み、塩抜きはサッとやっただけで留めて乾燥。今回は事情があって2号が出せないので、段ボールを使って燻製。こんな感じでやった。
danboru.jpg

段ボールの三辺にのこぎりで切れ目を入れて、その切れ目に網を差し込んだ。その網の上にキッチンペーパーを敷いて、そこにスライス豚肉を適当に配置。スモークウッドと、熱した木炭を段ボールの中に置いて燻製開始。豚肉なのでしっかり火を通すために炭を入れたおかげで、中身はすっかり熱々。生ものが全く食べられないAgentにプレゼントする予定だったので、おそらく喜んでもらえるはず!
ウッドも燃え尽きたので、1個取り出してみた。うーむ、すっかりジャーキーっぽい!
jaki.jpg

試しに食べてみた。ちょっと塩辛いかな?10分程度塩抜きしたほうがよかったかもしれない。でも、そこさえ目をつぶればちゃんと食べられる。うむ、これは「成功」だ!実質1日で仕込めるレシピの出来上がり!
jakifurk.jpg

自分で食べる分を除いて、3人分ができあがった。えーっと、1月15日の大雪の日に大垣駅まで送ってくれたAgentにプレゼントするでしょ。そして、その申し出をしてくれたもう一人のAgentにプレゼントするでしょ。あと一人・・・。うーむ、密かにファンになってくれていた三重のカリスマAgentに渡そうかな?!とにかく、運のいいAgent、次の金曜日をお楽しみに?!
posted by Sujiniku-Daioh at 21:03| Comment(0) | 燻製 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする