2018年04月14日

IKEAのダイニングテーブル「MELLTORP」の感想

nagakuteikea.jpg

こないだIKEAに行ってきた。目的はもちろん家具を買うため。いろんなものをいっぱい買ったけど、今回はその中のひとつ「MELLTORP」を紹介。モノはこれ。ホワイトの2人用テーブル。
tukue1.jpg

天板のサイズは75cm × 75cm。一合計3,990円という驚きの安さ。あと、一緒に写っている青い椅子「LEIFARNE」は5,990円(座面が2,990円・フレームが3,000円)だった。椅子は値段的には普通かな〜って感じだけど、テーブルは安い。でも安かろう悪かろうじゃないか・・・と思ったら、そうでもない。それはなぜかって点をこれから紹介。また、悪かった点もあったのでそれも一緒に話していく。
まずは組み立て。天板をひっくり返し、そこにフレームを2本取り付けていく。フレームがついたら、変わった形のジョイント金具?みたいなものを差し込み、さらに向かい側のフレームをつけていく。最初に固定したフレームにジョイント金具の片方を差し込み・・・
tukue2.jpg

横のフレームもつけていく、という作業。俺はこういう工作が大好きだから苦労しても楽しいって思えるけど、苦手な人はかなり辛い作業だと思う。不器用な人や、スマホより重いものを持ったことがないと豪語する現代的箱入り娘の人たちは、お友だちを誘ってみんなで組み立てたほうがいい。だって、この先もっと苦労するから。このジョイント金具にボルトを差し込み、そのボルトで机の足を固定する作業があるんだけど、これがMELLTORPの組み立てでもっとも難易度が高い。なぜなら・・・足のネジ切りが雑なやつに当たったら最悪だから。
tukue3.jpg

今回この写真のやつはかなりネジ切りが汚く、普通にボルトが入っていかなかった。また、穴明けの際に出た削りカスが足の中に封入されていた。「値段が値段だからしょうがないか」と思いながらネジ穴を補正し、組み立て完了。そして、見つけてしまった、雑な部分。テーブルのコーナー。シーム材みたいな部分が雑。
tukue4.jpg

こんな感じだが、4,000円であることを考えると十分リーズナブルだと思う。でもって、苦労して取り付けたフレームはスチール製。ちょっとの衝撃では壊れないし、磁石もくっつくよ!そして、ホワイトカラーがすごくいい。でもって、今回買ったこの椅子。こいつがまた、ナイスに働く。椅子のフレームにアームレストがついているけど、このアームレストは腕を休めるという使い方よりロボット掃除機の通り道を作りやすいという点に優れている。どういうことかって?ほら、見てよこれ。
tukue5.jpg

これが本当便利。座面は・・・滑るし固いし冷たいから失敗したかなって思ってるけど、フレームは本当ありがたい。滑り止めのついた座布団を使えば座り心地は解消できると思うから、どっかのホームセンターで買ってこよう。

おしまい!!
posted by Sujiniku-Daioh at 21:20| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月08日

ゲーセンでGetしてきたヘルスメーターが面白かったのでレビュー

とあるタイトーステーションで3ヶ月ほど前からずーっと景品として入り続けているヘルスメーターがあった。時々その店に行くと数は着実に減っているんだけど、2〜3週間に1個程度のペースでしか減っていない。ついでにいうと隣の景品(カビゴン)も同じような状況。別にそのことについてはどうでもいいけど、ヘルスメーターは前から欲しかったのでちょっと頑張って取ってきた。それが、これ。
hm1.jpg

厚みは・・・かなり薄い。何センチというくらいに薄い。
hm2.jpg

見た目はどこにでもありそうな普通のヘルスメーター。もちろん、中身も至って普通のヘルスメーターだった。でも、俺にとって体組成計の機能は珍しい。この機能は、自分のデータ(年齢とか身長とか)をヘルスメーターに覚えさせた上で体重を量ると、体脂肪率とかを自動で計算してくれる機能。こんな感じで出てくる。この場合、俺の体脂肪率は10.2%ということ。
hm3.jpg

こっちは筋肉量。
hm4.jpg

他にも、骨の重さとか1日に摂取すべきカロリー量とかを教えてくれる。楽しいし、手で握るような部品もないから簡単。そして薄っぺらいから収納もしやすくていい。Getまでに20手くらい(クレサあり)かかったけど、まぁ・・・納得かな。あと5手ほど短縮できれば大満足だったけど。あ、悪い部分がないわけじゃないよ!塗装が雑だったり、説明書がちょっと不親切だったりするから。それに、今回紹介したこのヘルスメーターはAmazonですら売ってないから入手が非常に困難・・・すなわち、このレビューは誰の役にも立たない可能性が非常に高い。なんてこったい!


今回ヘルスメーターをGetしてきたタイトーステーションは古い景品を長い期間入れているって最初のほうで触れていたじゃん。どれくらい古いモノを『現役』で入れているかを見てもらおう。これ。ハイスクール・フリートというアニメとタイトーステーションがコラボしたフィギュア。
highschoolhleet1.jpg

「あ、これ取ったことない!簡単設定に入っているし、いただいていこう!」ということで取ってきた。クレナワイドで、上手に引っかければ一発で取れるという設定だった。しかし・・・この箱、日焼けがすごい。
highschoolhleet2.jpg

ハイスクール・フリートのタイトルロゴが印字してある面とタイトーロゴの面の赤色の差がひどい。さすがに気になったのでこの景品がいつ登場したのかを調べるためにタイトーのサイトを巡回したら・・・発見。11月第1週に登場したらしい。で、これが2017年だったらよかったんだが・・・どうやら2016年のようだ。すなわち、1年以上Getされないままだったってことwwwwwwwwwwwwしかも、まだ数個あった。同じく日焼けした状態で。時々そのタイトーステーションに行くから、その都度Getしてくることにしよう。あ、ハイスクール・フリートというアニメもチェックしないとね!
posted by Sujiniku-Daioh at 15:39| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月26日

親知らずを抜いてきた

前回のMission Day 伊勢の内容の中で「親知らずが痛い」という話をした。実は、Mission Day 伊勢があった週の水曜日から違和感があった。でも最初は「変なところに口内炎ができたなぁ」程度の認識でしかいなかった。で、次の日になって、口内炎ではない違和感であることに気づいた。でも次の日は仕事、土曜日は伊勢に行かないといかん。だから来週の土曜日でいいやーみたいに楽観視していた。だが、金曜日には痛みが強くなり、土曜のMission Day 伊勢ではくしゃみをする度に親知らずが痛むという状態に。で、日曜日。なにかを食べると痛い。キーボード叩いていても痛い。スプラトゥーンやってても痛い。もうストレスがマッハ。なので、今日、抜きに行った。でもさ、俺さ。注射(麻酔)が大嫌いなのよね。小さい頃から通して抜歯のための麻酔は3回ほどやっているけど、小さい頃の2回半泣きだった。でも大人になったときに親知らずを抜いてもらったときに打たれた麻酔はそれほど痛くなかった。今回はどうだろう?!痛みから解放されたいけども、麻酔が怖い。複雑な心境のまま近所のは医者へ向かった。
昔は本屋さんだった歯医者に到着。去年オープンしたばかりなので建物は中も外もめちゃくちゃきれい。レントゲンを撮ってもらい、いざ抜歯スタート。と、その前にレントゲンを見せてもらったら・・・なんと、これから抜こうとする上の親知らずよりも、まだ生えてきていない下あごの親知らずがカオスだった。なにがカオスかって、右も左も真横になってやがる。ほぼ歯茎と平行だったので、恐らく死ぬまで生えて来ないやつだろう。でも、この横向きの親知らずが奥歯を押しているという事実は変わらない。きっと何年かしたらこいつらも・・・いやいやまずは痛みの原因になっている上の歯をなんとかしてもらおう。
まずは麻酔・・・一番最初が一番嫌いなやつ。なんかクリームを塗ってもらってしばらく放置。いざ針を・・・って、あまり痛くない。なんでだろ?ということで聞いてみたら、最初に塗ったクリームが表面麻酔
で、本番の麻酔の痛みを和らげる効果があるようだ。どうりで痛くなかったわけだ。これで安心。あとは適当に歯をひねってもらったりして抜いてもらった。いやぁ、終わってホッとしたよ。なお、抜いてもらった歯は・・・ちょっとグロい画像なので最後に追記として載せよう。

今はまだ麻酔が効いているけど、この麻酔が切れたあとが本番だ。熱を出して寝込むような事がないことを祈る・・・!

↓歯の画像
posted by Sujiniku-Daioh at 19:21| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする