2017年12月21日

テレビボード横のデッドスペースを埋める棚を作ったので自慢

俺の部屋の角にテレビ+テレビボードが置いてある。しかし、部屋に対して斜めに置いてあるせいで使われないスペースができてしまっていた。
tvb1.jpg

こんな感じで、非常にもったいない。そしてコード類が散らばっていて見た目もよろしくない。そして何より、Switchを置く場所がない。もともとこのテレビボードはブラウン管のテレビ用のやつなので、前後にでかい。そのため液晶を置けばスペースが自然とできるのでテレビの前にSwitchをポンっと置いたんだが・・・実はここだとテレビ画面を遮ってしまう。最初は我慢していたが、やっぱり気になってしょうがなかったので対策をすることにした。どんなものがいいかなって思っていろんな通販サイトを見てみたが、俺の思い描くものはなかった。じゃあワンオフで作ればいい。しかも、とびきり高級なやつを!というわけで、会社の昼休み等を使って作った。棚。
tvb2.jpg

ホワイトの大理石+白ポリつきベニヤ板で作った。大理石の直下についているベニヤ板が「ベニヤです!」と色的に主張しまくっているのがちょっともったいないが、全体的に白一色で統一できたので満足。そしてなにより、Switchの置き場所ができたのがいい!
tvb3.jpg

一辺が200oの大理石を斜めにカットすればちょうどSwitchのDocが置けるだろうと思って設計し、見事に成功。そして棚の下には小物置き場。本当はこの場所に時計を置きたかったが、棚が小さすぎたので断念。今はミニカー置き場となっている。
tvb4.jpg

白い棚に黒い日産。いいじゃんいいじゃん。まぶしいぜ。あ、ちなみに。このスカイラインとかのミニカーを置いた後、「そういえば12SRのミニカーを置くことはできないかな?」と思って試したが、やっぱり置けなかった。下の段、すげえ使いにくいわwwwwwwwwwwwだめだこりゃwwwwww


テレビボードの右端が埋まった。だが、デッドスペースは左端にもある。かっこよく埋めねば・・・!
posted by Sujiniku-Daioh at 20:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月17日

【誰得】Splatoon2のブランケットをレビューする

ゲーセンのクレーンゲームでSplatoon2のブランケットをGetしてきた。500円で。他の台にも手を出したのに取れたのがこれだけだったので、結果としては大負け。だが、手ぶらではないので良しとしよう・・・。

さて、そんな唯一の戦利品であるこのブランケットをレビューしていく。一体誰向けのレビューなのか、さっぱりわからない。需要があるとすれば、オークションとかに出品されているこれを落札しようと考えている人向けというくらいか。とにかくターゲットとしては狭すぎるが、気にしない。レビューする。
袋。以下のような感じ。おっと・・・イカのような感じ。
splatoon2blanket1.jpg

そして裏面はこれ。右下には任天堂認可のシールつき。
splatoon2blanket2.jpg

なお、この外袋そのものにインクのペイントが施してある。
splatoon2blanket3.jpg

無地じゃないからきれいだね!カラフルで好きだから、この外袋は捨てずにとっておこうかと思う。ま、どうせ引っ越しのときとか、断捨離のタイミングで捨てるんだろうけどさwwwww
さてさて、中身を広げていきましょう。外袋にサイズが「1400 x 1000」とあるので、かなり大きい。おも
splatoon2blanket4.jpg

表面には、(C)Nintendoとかの表記はない。純粋にSplatoon2のイラストがどどーんとプリントされている。ただ、裏面のタグの部分にそういう表記がされていた。また、裏面は真っ白で、透け感がある。
splatoon2blanket5.jpg

ごめんね、タグに折り目がついててさ。指で押さえないと写せなかったのよ。で、タグ部分にはSplatoon2ロゴ、(C)Nintendo、ポリエステル100%、使う・洗う際の注意と発売元が書かれている。
実際に今こうやってキーボードを叩きながらブランケットを膝にのせているけど、正直防寒性能はいまいち。普段使っているブランケットがフリース生地なので、ポリエステルでは勝ち目がないようだ。でも手触りはサラサラだし、何せ柄がイカす。ひざ掛けとしてではなく、背中に羽織ってもいいかもね。仲間内でのローカル対戦のときとかにこれを羽織っていけばドン勝間違いなし・・・かもね!

というわけでまた次回。マンメンミ!!
posted by Sujiniku-Daioh at 16:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月09日

Google Home Miniがやってきた

何かと話題のスマートスピーカー「Google Home Mini」を買った。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Google Home Mini チャコール(グーグル ホーム ミニ チャコール)
価格:6480円(税込、送料無料) (2017/12/9時点)




色は上と同じチャコール(黒っぽい色)を選んだ。理由は、例の半額セールのときに偶然チョーク(白っぽい色)が売り切れだったから。本当は白が欲しかったけど、白は汚れ目立つし!と自分に言い聞かせてこれにした。
ghm1.jpg

正方形。かなり久しぶりにリアルGoogle製品を購入したけど、やっぱり独得の雰囲気があるなぁGoogle製品は。さて、それはいいけどアンボックス。出ましたマカロン!
ghm2.jpg

こぶし大。そして思ったよりズッシリ。ただのスピーカーではなく、スマートスピーカーだもんね。中の人が入るスペースが必要だからこれほどのサイズ・重さになったんだろう。
さて、セットアップ。Micro Bのコンセントが箱の中に入っているからそれを取り出してコンセントに挿す。そしてMicro Bを本体に挿して電源ON。いつも使っているスマホにGoogle Homeのアプリを入れて・・・うむ、なぜかアプリの詰めが甘い。
ghapp.jpg

英語になった。ま、これもレビューに挙がっていた事だ。慌てるほどではない。そしてなにより、3歳児と同程度か、それ以下の知識しか持ち合わせていない俺でもなんとか読める程度の英語だ。落ち着いて読めば理解できるから大丈夫。でも、購入者の中には英語アレルギーの人だっているだろうから、そのへんはしっかり組み上げておくべきだったんじゃないかなって思った。
いつものGoogleのあの4色に光るLEDを見つめてセットアップ完了。OK Googleと言うとLEDが光るので、その後に知りたいことをしゃべればOK。
ghm3.jpg

観光スポット(温泉とか)の名前を言えば、所在地(番地まで言う)と、ここから直線距離で何キロ離れているかを言ってくれる。直線距離で言うってのはAgentにとってはうれしいことだね。ま、日本じゃまず使わないけど。
あとは他にspotifyと連携させて音楽を流したり、ラジコでラジオを流したりできた。ラジコに関しては、タイムフリーの機能はないかもしれない。音量も結構出るのでラジオとして使うのは重宝しそうな気がした。
あとは定番の質問をして遊んだ。↓。

  • 回文
  • 早口言葉
  • お前はもう死んでいる
  • にゃーん
  • コルタナさん

上のワードを言うと、捻りのきいた返事を返してくれる。おすすめ。なお、Google AssistantはCartanaの事は知っているが冴子先生は知らないらしい。また、両者ともカイル君を知らない。カイル君は最新のアシスタントの記憶から消されているようだwwwww


なかなか楽しいおもちゃを買った。これで3000円なら安い。もう少し遊んでこようっと。
posted by Sujiniku-Daioh at 22:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする