2017年04月02日

C26用シェードを使ってみたので写真とともに感想



車中泊のときに使うためにこのサンシェードのC26用を買った。・・・前置きはこれくらいにしておいて、実際に使ってみよう。
まずは、何もつけない場合の車内。3列目からスマホのカメラで撮影。カーテンのときと同様、西日がまぶしい。
DSC_0006.JPG

まずはこの状態でシェードだけを取り付けていく。まずはリア。こうなった。
DSC_0007.JPG

見ての通り、9割以上ふさいでいる。では3列目の左側を取り付けてみよう。
DSC_0008.JPG

うむ、こちらも9割以上覆っているね!でも・・・気になるでしょ。隙間。
DSC_0009.JPG

この隙間を消すことができないんだよ、どうがんばっても。シェードが窓のサイズよりほんのちょっと小さくできている(と思う)から。このわずかな隙間と、実際に車中泊をする際に駐車した場所(街灯の位置)とのマッチングが完ぺきだった場合、隙間から光が目にドーンだぜ。
では次、2列目の窓。ここまで覆える。
DSC_0010.JPG

リアや3列目より隙間が大きいものの、割と大きい面積を覆っている。あ、ちなみにだけど、このシェードは2列目に標準装備のロールシェードと共存できる。
DSC_0011.JPG

ほら、見て見て。今回買ったシェードより手前に純正ロールシェードがあるでしょ。そのため、ロールシェードもいつも通りセットできちゃう。これが思った以上にGoodである。
DSC_0012.JPG

このロールシェードを使うことによって、2列目のドアを開けた際にシェードが脱落して地面に落ちるのを防いでくれる。すごいね!遮光以外に活路があったなんて!!あ、当然っちゃ当然だけど、シェード+ロールシェードのコンボ技を使ったとしても四隅は埋まらないから注意ね。
DSC_0013.JPG

この隙間がどうしても気になる人は、このシェードじゃなくて別のシェードの購入を検討するか可視光線をオールカットしちゃうトンデモフィルムを窓に貼るか、それとも段ボールやベニヤ板、新聞紙等で無理やり覆ってしまえばいいと思う。このシェードは、割とリーズナブルで割といい仕事をするって部分が売りだと思うから。
さて、シェードのセッティングが終わったので、カーテンを引いた車内を見てみよう。
DSC_0014.JPG

相変わらず西日が仕事しまくりで写真じゃ暗くなった感じがじぇんじぇんしましぇんwwwww
DSC_0016.JPG

だめだ、写真じゃ伝わんねぇwwwwwダメだから文字で書くけど、日中はちょっとつらいが早朝の微妙な明るさの時間ならしっかりと中を暗くしてくれる。そして目隠し効果も抜群。車外からシェードをつけた内部を写真に撮りたかったけど、どうがんばっても窓に反射してキモヲタデブメガネニート32歳が映り込んじゃうからあきらめたけど、通りがかりの人に車の中の様子を見られることはないと思う。クルマの中で爆音でゲームとかをしない限り、パソコンやスマホのバックライトをつけてインターネットをしたりYouTubeを見たりしていても気づかれないだろうね、これなら。これなら安心して車中泊ができるね。女子旅をするなら絶対いる。俺のような危険人物がよからぬことをたくらむから。

(^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^)

C26ライダーパフォーマンススペック(なんちゃって車中泊仕様)はこれで出来上がり。次は旅先でブログを書く用の2in1 PCが欲しいなぁ・・・。
posted by Sujiniku-Daioh at 16:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月28日

クルマ用の汎用カーテンを買って使ってみたので感想

俺のC26ライダーパフォーマンススペックに使えるカーテンを買った。



このカーテン。3月頭にやった楽天スーパーセールの時に買った。このカーテンの説明は商品ページで見てもらうとして、俺は実際にクルマでセットアップをしたので写真を交えて使った感想を書いていく。まずは、この写真。実際にカーテンを広げてみた図。
DSC_0813.jpg

3列目に座って、クルマの前方を撮った。この写真を撮ったときは、強烈な西日だったので、カーテンから光が漏れてしまっている。まだこれを使って車中泊をしていないので、高速道路のSA・PAに設置してある街灯からどれだけ車内を守れるかはまだまだ未知数だが、サングラスがないと運転したくなくなるような西日でもここまで太陽光を遮っている。なので、このカーテンは値段の割には遮光性能は高めのようだ。なお、手触りは…服の裏地っぽい。後で話すけど、洗濯機に突っ込むことは避けたほうが良いかもしれない。
ここから先は細かい部分を紹介。
まずはカーテンの端っこ部分。ピラーに金具を埋め込んでいる。
DSC_0814.jpg

はめ込んだ金具にヒモを引っかけて擬似的なカーテンレールを作り出しているという事。これはすごいアイディア。さすが実用新案なだけある。俺は運転席(1列目)と2列目の間のピラー左右に1つずつ金具をはめ込んで使っているけど、この金具が標準で6個入りなので金具を入れる位置を増やせば右側だけカーテンとか、2列目と3列目の間にカーテンを・・・とか、はたまた別のクルマにカーテンだけ持って移動して使うなんてことも!俺はC26につけているけど、ピラーがあるクルマならなんでも行けるはず。想像以上に便利なカーテンである。ただ残念なのは、ピラーにつける金具をはめ込むときにかなり力を入れないと入らないことと、一度入れてあとからずらして位置合わせをしようとしたらピラーが傷つくということ。俺、傷つけちゃったよピラー。ビッグバリューで買ったクルマだから査定が下がっちゃうwwwwwwまあいいけどwwwwだって補償額135万だし。さすが後期型ライダーパフォーマンススペック。(マニアに)超絶人気なグレードだぜ。
残価設定の話はいいので次。カーテン。
DSC_0815.jpg

2枚組になっていて、中央部分にマジックテープがついている。これでくっつければしっかりと光を遮ってくれる。なお、これとは別にカーテンを束ねるやつもある。
DSC_0816.jpg

恐ろしく薄っぺらいカーテン生地なのに、何周もできちゃうくらい長〜く束ねる部分が付いている。これももちろんマジックテープ式。だが、ここに残念な部分がもう一つ。この長いマジックテープに、カーテンの糸が
くっついてしまう。
DSC_0817.jpg

いざ寝ようとしたとき、暗い車内で手探りでカーテンを引く作業をしていた場合、この糸のほつれを忘れて強く引っ張ってしまったら…想像するだけで恐ろしい。この部分は要改善である。お裁縫に長けている人に頼んで、この部分を補強してもらったほうがいいかもね。俺?針に糸を通すなんて無理っすwwwwwwwwwww
そしてもう一つ。これ、ピラーの上部に金具を埋め込むんだけど、よくよく考えると普通の方法ではピラーの高さ以上にカーテンを引くことはできなくなる。そして、天井に装備されているものと干渉する場合がある。俺の場合は、後席用のモニター。
DSC_0818.jpg

このモニターに当たる。当たると言っても、相手はヒモ。ちょっとずらすだけでOKなので問題ではない。
DSC_0820.jpg

ほら、このようにカーテンを設置したままモニターを開けられたでしょ。でもとりあえず、ピラーの高さに平行して障害物が一個できあがってしまっているということは念頭に置いておいたほうが良いと思う。俺は頻繁に2列目から運転席に移動するけど、その移動の際に引っかかることが何度かあった。あと、釣りする人も困ると思う。竿を天井に付近に置いておくラックと当たる場合があるんじゃないかと思う。俺は釣りに疎いからこのラックは持っていないから本当に干渉するかどうかはわからない。でも、もしかしたらこういうことがあるかもねってことは覚えておいたほうが良いと思う。


(^^)(^^)(^^)


これでカーテンの話はおしまい。次は車種別サンシェードの話をするよ!たぶん!!!!!!!11
posted by Sujiniku-Daioh at 19:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月22日

C26セレナをフルフラット状態にしたときにできる段差をごまかしてみたので感想

俺が今乗っているクルマはC26セレナ。これを快適に車中泊ができるクルマにするのが最近の俺の楽しみである。で、最初の道具を買って試してみた。まずやったのは、シートの段差埋め。
このクルマは2列目と3列目のシートを倒してしまえばシングルの布団が敷けるくらい広いので、クルマに布団を詰め込めば寝られることは寝られるのだが、シートの段差がきつい。見てもらうとわかると思う。
DSC_0804.jpg

これが2列目と3列目を倒した状態。これだけではわかりにくいので、問題の段差部分をできるだけ水平に近づけて撮った。
DSC_0805.jpg

これだけの段差がある。ティッシュ箱1箱分。
DSC_0806.jpg

たったこれだけの段差だが、実際に寝た場合にこの段差のせいで寝心地がかなり悪くなる。段差の上部分が背中の真ん中くらいにくるので、腰が浮いた状態になってしまって腰への負担がかなり強烈。寝方を工夫すればいいのかもしれないが、寝た際にリア側に頭が行くようにしたいので、段差を何かで埋めることにした。その方法をググった結果、すでにこの問題を解決している人のブログを見つけ、参考にさせてもらった。そのサイトは → 
オヤジライダーの週末道楽
 ←のブログ。単車乗りの方のようだ。恥ずかしながら単車はトンと疎いが、今回のセレナの情報は参考にさせて頂きました。ホント感謝!でもって、事後でごめんなさい。
ドバイライダーさんの情報を元に、40cm×40cm×5cmのクッションを探してドンキを数軒回った。いろいろ回って、一宮のドンキ(駅に近いほう)で良さそうなものを見つけた。これ。
DSC_0807.jpg

縦・横サイズはOKだが、高さが3.5cm。大丈夫かな?と思ったので1個だけ買って敷いてみた。俺のセレナはライダーなのでシートの色的にはミスマッチだが・・・
DSC_0808.jpg

このような状態に。この状態で寝そべってみたら・・・腰への負担が大幅に減った。低反発クッションが腰を旨く支えてくれるので不快感がない!なお、実際に布団を敷いて寝てみていないので、車中泊の際に快適かどうかはまだ未知数。でも、このクッションがあれば布団を敷かない状態での仮眠にはもってこいだ。ちょいと遠いけど、一宮のドンキにもう一度行ってクッションをもう2つ買ってこようと思う。



次はC26用のサンシェードとかカーテンとかの話をするよ!
posted by Sujiniku-Daioh at 22:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする